【最大50%オフ】講談社 勇躍するつわものたち ――戦の歴史小説フェア (12/1まで)

本セールは終了しました
[前のセール] [新しいセール]
『歴史・時代小説ファン必携』『新装版 戦雲の夢』『戦国幻野』『柳生大戦争』『柳生大作戦』『戦の国』『つわもの』『長宗我部』『有楽斎の戦』『戦国史記』など43冊がラインナップ。
本ページは「キンセリ」の特設ページです。 キンドルセール「【最大50%オフ】講談社 勇躍するつわものたち ――戦の歴史小説フェア (12/1まで)」の対象作品一覧を提供しています。
作品表示設定
画像サイズ: 100%
フィルター操作パネル
表示件数: 43/43
(β版)
ソート
表示 フィルター ソート

作品表示設定

各作品の見え方を調整することができます。
表示切替
タイトル、著者、出版社、価格などの情報と表紙画像を同時に表示する「詳細」 と 表紙画像のみを表示する「表紙のみ」 を切り替えることができます。
画像サイズ
スライダーで表示画像の大きさを変更することができます。 範囲は0%から200%までです。 初期状態は100%で縦が160pxです。 0%にすると画像が非表示になります。

フィルター操作パネル

表示させたい作品、表示させたくない作品を条件で指定できます。 指定要素がすべて同じ、または、存在しない場合は操作ボタン等が非表示になることがあります。
リセット
すべての作品を表示します。
反転
表示のON/OFFを逆転します。 表示されている作品が非表示になり、非表示になっている作品が表示されます。
(keyword)
キーワード検索窓です。 任意の文字列を入力し「GO」ボタンを押すと、その文字列が含まれる作品のみを表示します。
読み放題以外
kindle unlimited 読み放題対象の作品以外を表示します。
分冊版以外
分冊版以外の作品を表示します。
期間限定無料以外
期間限定無料以外の作品を表示します。
出版社
出版社でフィルターできます。 セレクトした出版社の作品を表示します。
ジャンル
ジャンルでフィルターできます。 セレクトしたジャンルの作品を表示します。
レーベル
レーベルでフィルターできます。 セレクトしたレーベルの作品を表示します。
セール中
実質割引率が15%以上の作品を表示します。 キンセリでは実質割引率が15%以上の作品を「セール中」の作品として扱います。
直近30日実売有
直近30日にキンセリ経由で1冊以上売れた作品を表示します。 直近30日実売有作品の一部は「直近30日のキンセリ人気ランキング」で閲覧できます。
評価有
作品に評価(5段階)を与えたユーザが1名以上いる作品を表示します。
図書
マンガ、ラノベ、BL、TL、タレント写真集、アダルトのジャンルの作品以外を表示します。 出版社によってジャンル分けの方針が異なる点にご留意ください。
(重ねがけオプション)
フィルター操作を連続で行う際、 前回の操作結果に対して今回の操作結果をどのように適用するかを選べます。 デフォルトの自動リセット以外は論理演算の基礎知識が必要です。
自動リセット
デフォルト設定。 前回の操作結果をリセットしてから今回の操作結果を適用します。 操作結果の重ねがけはしません。
重ねがけAND
前回の操作結果に対して今回の操作結果をANDで重ねがけします。 例えばセール中のマンガ作品のみを表示したいときは、 ジャンル「マンガ」を選択し、「セール中」ボタンを押すことで結果を絞り込めます。
重ねがけOR
前回の操作結果に対して今回の操作結果をORで重ねがけします。 例えばジャンルが「マンガ」または「ライトノベル」の作品だけ表示させたいときは、 作品未選択状態から始めるため「リセット」ボタン→「反転」ボタンで全作品非表示にし、 ジャンル「マンガ」を選択し、さらに続けてジャンル「ライトノベル」を選択することで、 「マンガ」か「ライトノベル」の作品だけを表示できます。
重ねがけオプション利用のヒント
  • 操作途中で意図からずれたら「リセット」ボタンで初期状態に戻りましょう。
  • 「反転」ボタンは直前の操作の反転ではなく、現在表示されている状態の反転となります。AND,ORと同時に使う際はご注意ください。
  • 重ねがけオプション(AND/OR)は操作の前に切り替えると次のフィルタ操作でそのオプションが適用されます。ORで広げてからANDで絞り込むという使い方もできます。
重ねがけレシピ
  • 「マンガ」以外でセール中の作品を表示する: 「重ねがけAND」→ 「リセット」→ ジャンル「マンガ」→ 「反転」→ 「セール中」
  • 「マンガ」「ライトノベル」以外の作品を表示する: 「重ねがけOR」→ 「リセット」→ 「反転」→ ジャンル「マンガ」→ ジャンル「ライトノベル」→ 「反転」
  • 「マンガ」または「ライトノベル」でセール中の作品を表示する: 「重ねがけOR」→ 「リセット」→ 「反転」→ ジャンル「マンガ」→ ジャンル「ライトノベル」→ 「重ねがけAND」→ 「セール中」

ソート

作品を指定の基準で並び替えることができます。
実質価格
実質価格で並べ替えます。 実質価格とは、表示価格から還元ポイント(1ポイント1円に相当)を引いた値です。
評価数
評価数で並べ替えます。 評価数とは、作品に評価(5段階)を与えたユーザの数です。
配信日
配信日(リリース日)で並べ替えます。
タイトル
タイトルの辞書順で並べ替えます。
実質割引率
実質割引率で並べ替えます。 実質割引率とは、前述の実質価格をこれまでの最高価格で割った値です。
表示価格
表示価格で並べ替えます。
割引率
割引率で並べ替えます。 割引率とは、表示価格をこれまでの最高価格で割った値です。
還元ポイント
還元ポイント(1ポイント1円に相当)で並べ替えます。
還元率
還元率で並べ替えます。 還元率とは、表示価格から還元ポイントを引いたものを表示価格で割った値です。
評価値
評価値で並べ替えます。 評価値とは、ユーザが作品に与える5段階(1から5の数値)の平均値です。
著者名
第一著者の著者名の辞書順で並べ替えます。
価格更新日時
アマゾンAPIへの最終アクセス日時で並べ替えます。
セールスランク
直近30日のキンセリ人気ランキングの順位で並べ替えます。
初期順序
ページ読み込み後に最初に表示される順序で並べ替えます。
東郷隆(著), 上田信(イラスト) | 2018-01-12 | ★4.5 (39)
[pub:講談社] [gen:人文・思想]
¥594
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥588 (1%⬇)
[2022/12/04 09:00時点]
セールスランク 809位(直近30日)
戦国時代、命懸けの戦場で武士たちはどのように戦ったのか。武器・武具・旗差物(はたさしもの)のいろいろから、鎧を着ての斬り合い、騎馬武者同士の組討ち、鉄砲戦、槍隊の遭遇戦、船戦(ふないく)さ、女武者、切腹・首実検の作法まで。誤解されてきた武士たちの戦いの実態を、正確な考証とリアルな...
司馬遼太郎(著) | 2015-09-11 | ★4.5 (81)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥847
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥839 (1%⬇)
[2022/12/04 21:00時点]
セールスランク 1053位(直近30日)
土佐22万石の領主・長曾我部盛親は、関ケ原の戦いで西軍にくみしたため一介の牢人の身に落ちた。謫居の地を京都に定められた盛親は、再起への野望を密かに育み、旧臣5千人とともに大坂夏ノ陣に立ち上がったが……。大きな器量を持ちながら、乱世の流れに乗れなかった悲運の武将を鮮やかに描く傑作!
皆川博子(著) | 2021-08-27 | ★4 (4)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥1047
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1037 (1%⬇)
[2022/12/04 22:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
東海の強国駿河は、守護今川氏親(うじちか)の手で着々と覇道を進んでいた。東に北条、北に武田、大国が激しく牽制しあう戦国の世、氏親とその妻妾の息子たちも、奇しき愛憎の闘いに巻きこまれてゆく。野望のままに、広大な富士の裾野を馳ける武者の修験者たちの凄絶な生と死。今川一族が興亡を描き切...
荒山徹(著) | 2014-02-28 | ★4 (5)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥796
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥788 (1%⬇)
[2022/12/04 13:00時点]
セールスランク 1131位(直近30日)
高麗の高僧・晦然(かいねん)が得意の絶頂にあったその日、彼を待ち受けていたのは2度の元寇(げんこう)で散った高麗の兵士たちの霊であった。供養のため倭国に渡った晦然は「一然書翰(いちねんしょかん)」を書き記す。この奇書が、345年の時を経て、徳川幕府と李朝を揺るがし、柳生一族をも混...
荒山徹(著) | 2013-07-12 | 全2巻の2冊目 | ★3.5 (3)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥653 (1%⬇)
[2022/12/04 19:00時点]
セールスランク 1131位(直近30日)
霊廟を開封し、超能力を得た石田三成は、主君・豊臣秀吉の一族を次々と殺害。天下獲り、そして百済(ペクチェ)再興へ、着々と謀(はかりごと)をめぐらす。その魔力を封じるべく、百済殲滅を使命とする新羅(シルラ)非時(ときじく)一族の末裔・大和柳生は、壬申の乱で用いられた百済伝来の神器を手...
冲方丁(著) | 2020-08-12 | ★4 (105)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥858
56pt (7%)
実質価格/割引率 ¥802 (7%⬇)
[2022/12/04 20:00時点]
セールスランク 1140位(直近30日)
織田信長、上杉謙信、明智光秀、大谷吉継、小早川秀秋、豊臣秀頼。 戦国時代を駆け抜けた6人の真の姿を描き切る。 『天地明察』『光圀伝』と傑作を残してきた著者の、新たな代表作。
木下昌輝(著) | 2022-07-15 | ★3.6 (4)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥814
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥806 (1%⬇)
[2022/12/04 14:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
真田幸村は本当に日ノ本一の兵(つわもの)だったのか。思いもよらぬ着想から描かれる戦国六大合戦の裏側。 「火、蛾。」桶狭間の戦い 策士たちが裏の裏を読み合う壮絶な頭脳戦、心理戦の先にある驚愕のラスト。 「甘粕の退き口」川中島合戦 優れた武将だけが持ち得るカリスマ性とは何か。 「幽斎...
近衛龍春(著) | 2015-05-08 | 全2巻の2冊目 | ★4 (9)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥957
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥947 (1%⬇)
[2022/12/04 10:00時点]
セールスランク 1182位(直近30日)
関ヶ原の戦いに敗れ、土佐二十二万国を喪失した盛親。寺子屋の主に身を落として隠忍すること十四年。ついに巡ってきた大坂の陣で敗北するも、自刃せず生き恥を晒してまで虜となることを選んだ、その真意は何だったのか。長宗我部の家名を賭け、最後まで戦った男の生涯を追う傑作歴史小説。文庫書下ろし
天野純希(著) | 2020-03-13 | ★4 (22)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥726
50pt (7%)
実質価格/割引率 ¥676 (7%⬇)
[2022/12/04 16:00時点]
セールスランク 1196位(直近30日)
茶の湯を後世に残す。それが私の復讐だ! 戦国時代、数多の武将を狂わせた茶の湯。その大成者・千利休の志を受け継いだ男は、なんとあの織田信長の弟だった! 戦が苦手でも、出世ができなくても――。兄・信長を恐れ、戦いから逃げてばかりいた男・織田有楽斎が、戦国の世を生き延び、やがて茶の湯を...
中山義秀(著) | 2014-09-19 | ★4 (1)
[pub:講談社] [gen:歴史・地理]
¥715
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥708 (1%⬇)
[2022/12/04 22:00時点]
セールスランク 1196位(直近30日)
一介の油売り商人から天下取りへ。力こそ正義、智力と財力を武器に成り上る斎藤道三の不逞な生き方こそ、戦国ならではの男の姿だ。美濃守護職・土岐氏の家中乱脈に乗じ勢力を固め、その愛妾をも奪い、“国盗り”を目指す。独創的な領国経営で美濃の覇者となった乱世の梟雄斎藤道三の苛烈な生きざまを描...
東郷隆(著), 上田信(イラスト) | 2018-01-12 | ★4.5 (64)
[pub:講談社] [gen:人文・思想]
¥605
40pt (7%)
実質価格/割引率 ¥565 (7%⬇)
[2022/12/04 16:00時点]
セールスランク 1199位(直近30日)
戦国時代の合戦で活躍した雑兵足軽たち。勝敗を決する部隊の主役でありながら、武将の陰で注目されてこなかった彼らの戦いの実像を、正確な考証とリアルなイラストで再現。足軽のルーツ、合戦への動員のされ方、給料の額、集団戦法と武器の使用法など満載の、ビジュアル歴史読みもの第2弾
矢野隆(著) | 2015-02-13 | 全1巻の1冊目 | ★4.5 (5)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥880
444pt (50%)
実質価格/割引率 ¥436 (50%⬇) 🉐
[2022/12/04 19:00時点]
セールスランク 1199位(直近30日)
戦国時代末期、九州では島津勢が猛威を振るっていた。肥後の一豪族・木山弾正の居城にも島津の大軍が押し寄せる。城を枕に討ち死にか、それとも軍門に下ってしまうか。だが弾正は決意する。選んだ道は、敵の包囲網を突破して、義兄のいる天草へ落ち延びることだった。無事脱出に成功した弾正だが、時代...
荒山徹(著) | 2013-07-12 | 全2巻の1冊目 | ★2.5 (2)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥713
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥706 (1%⬇)
[2022/12/04 19:00時点]
セールスランク 1131位(直近30日)
石田三成の正体は、朝鮮の古代国家・百済(ペクチェ)の流れを汲む、近江百済党の首領であった。百済再興を謀(はか)り、魔人と化した三成。これを阻まんと、剣客・柳生石舟斎ら大和柳生一族が立ち上がる。唐王朝、古代朝鮮、大和朝廷の動乱から関ヶ原の戦いまで、千年の死闘を大胆な歴史解釈と奇抜な...
近衛龍春(著) | 2015-05-08 | 全2巻の1冊目 | ★4 (6)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥957
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥947 (1%⬇)
[2022/12/04 15:00時点]
セールスランク 1182位(直近30日)
一時は四国一円を平定し、全国に武威を轟かせた土佐の戦国大名・長宗我部氏。その強豪が歴史の渦に巻き込まれ消滅した史実を、最後の当主・盛親の生涯から辿る大河小説。一族の骨肉相食む争い、非情な粛清、そして滅亡。歴史小説家・近衛龍春が膨大な史料をもとに奏でる長宗我部氏の鎮魂歌。文庫書下ろし
NEW
葉室麟(著), 朝井まかて(著), 夢枕獏(著), 長浦京(著), 梶よう子(著), 諸田玲子(著), 山本一力(著) | 2022-11-15 | ★4.3 (10) [NEW]
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥770
231pt (30%)
実質価格/割引率 ¥539 (30%⬇) 🉐
[2022/12/04 18:00時点]
三百有余年、日本人が愛し涙を流し続けた続けた歴史物語『忠臣蔵』。多くの文学賞を受賞している歴史小説界の至宝とも言うべき作家たちが、日本最大の歴史サーガに挑む。傑作アンソロジーが待望の文庫化。
NEW
矢野隆(著) | 2022-11-15 [NEW]
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥814
244pt (30%)
実質価格/割引率 ¥570 (30%⬇) 🉐
[2022/12/04 12:00時点]
「戦百景」シリーズが深掘りするのは、天下の趨勢を一夜で変えた「本能寺の変」。織田信長を斃した明智光秀を突き動かしたものとは! 織田信長と明智光秀。日本史上最大の謎とされる「本能寺の変」の主役二人が出会ったのは案外遅く、永禄11年(1568年)のことだった。信長は美濃の斉藤氏を滅ぼ...
矢野隆(著) | 2022-07-15 | 全4巻の4冊目 | ★4.2 (3)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥814
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥806 (1%⬇)
[2022/12/04 12:00時点]
有名な合戦を活写する「戦百景」シリーズ。第4弾は、戦国最強武将の対決「川中島の戦い」。信玄対謙信の激突はなぜ起こったのか! 父・信虎を追放して甲斐国主となった武田晴信(のちの信玄)は信濃への侵攻を繰り返す。晴信は次々に信濃の国人衆を従えていくが、北信濃の村上義清が立ちはだかる。だ...
天野純希(著), 木下昌輝(著), 矢野隆(著), 土橋章宏(著), 乾緑郎(著), 吉川永青(著), 簑輪諒(著) | 2022-05-13 | ★4.2 (10)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥792
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥784 (1%⬇)
[2022/12/04 19:00時点]
ますます進化を続ける「決戦!」シリーズ。今回の舞台は豊臣秀吉の天下を決定づけた、もう一つの天下分け目である「賤ヶ岳の戦い」。そして、描かれるのは「賤ヶ岳の七本槍」として名高い、加藤清正、福島正則、片桐且元ら七人の武将。新進気鋭の若手歴史小説家たちが、若武者たちの戦いと、その後の人...
矢野隆(著) | 2022-02-15 | ★4.0 (5)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥924
73pt (8%)
実質価格/割引率 ¥851 (8%⬇)
[2022/12/04 21:00時点]
有名な合戦を深掘りする「戦百景」シリーズ。第3弾は、いよいよ日本最大の合戦「関ヶ原の戦い」。東軍、西軍各将の裏の裏を暴く!
鳴山草平(著) | 2021-11-19
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥653 (1%⬇)
[2022/12/04 21:00時点]
長篠の戦いの敗退から6年、武田勝頼が治める甲斐の国は、ひたひたと周囲を圧し始めた織田・徳川連合の影に揺れていた。武士の身分を隠して、上杉の越後から情勢を見極めに来た、若き遣い手・朝井若狭之介は、人心が迷い乱れるなか、武田家忠臣の娘・小弓の、毅然と使命に生きる姿に惹かれていく。陣営...
矢野隆(著) | 2021-11-16 | 全4巻の2冊目 | ★4 (13)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥814
48pt (6%)
実質価格/割引率 ¥766 (6%⬇)
[2022/12/04 19:00時点]
有名な合戦を深掘りする、書下ろし歴史小説。シリーズ第2弾は、歴史の流れを変えた「日本三大奇襲」の一つ。なぜ奇跡は起きたのか! 事の起こりは今川義元敗死の6年前に遡る。天文23年(1554年)、「甲相駿三国同盟」が成立すると、甲斐の武田信玄は北の信濃に向かい、相模の北条氏康は東の関...
海音寺潮五郎(著) | 2021-10-08 | ★5 (1)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥653 (1%⬇)
[2022/12/04 11:00時点]
敵の内部を分断する反間苦肉の策。秀吉一流の調略に見事はまった織田信雄は、亡父・信長以来の家老・岡田重孝の誅殺を策した。豪邁の士・重孝は「さらば死に狂いの働きを見せよう」と主の面前に進む。暗愚な信雄に、戦国武士の死にざまを示そうというのだ。深傷を負いながらも、なお屈しない凄絶の暗殺...
中山義秀(著) | 2021-09-24
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥653 (1%⬇)
[2022/12/04 16:00時点]
結城中納言秀康の庶子・松平孫次郎忠雄は、世を拗ね家を嫌って、大阪夏の陣に大阪城へ入城し、落人として追われる身となったが、性来の叛骨から、夏の陣に加わらなかった織田左門の邸に乗りこみ、好色の左門の手から千姫づきの侍女・お浅を救った。お浅を知り、女への愛に目覚めた苦悶の身を、流浪の空...
矢野隆(著) | 2021-06-15 | 全4巻の1冊目 | ★3.5 (11)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥836
49pt (6%)
実質価格/割引率 ¥787 (6%⬇)
[2022/12/04 14:00時点]
戦国最強の騎馬軍団を膨大な数の鉄砲で打ち負かしたとされる「長篠の戦い」。 だがそこには、それぞれの武将の深い思惑が働いていた。 長篠城の奥平信昌はどうして武田を裏切って徳川方についたのか。 内藤・馬場・山県ら武田の勇将たちは無駄な特攻をなぜ敢行したのか。 家康・酒井忠次主従は何を...
鈴木輝一郎(著) | 2020-09-11 | ★2 (4)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥765
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥757 (1%⬇)
[2022/12/04 10:00時点]
信長の妹、浅井三姉妹の母、柴田勝家の妻。戦国一の女性(にょしょう)の気高き生涯――織田信長の妹として生まれ、仇敵へと転じる浅井長政に嫁ぎ、茶々(ちゃちゃ)、初(はつ)、小江(おごう)の三人の娘を守り育て、最後は信長の重臣・柴田勝家の妻となった。明日を約束されない時代で、波乱の生涯...
矢野隆(著) | 2020-05-15 | ★3.5 (5)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥836
49pt (6%)
実質価格/割引率 ¥787 (6%⬇)
[2022/12/04 16:00時点]
少年時代を独り野生児として育った「虎」が、畑を荒らして村人に捕まってしまう。処刑されそうになるところを四郎という少年に命を救われる。天草四郎と虎の出会いだった。そのころ、九州の島原と天草の切支丹に対する迫害は苛烈を極め、四郎の父親らを首謀者にして公儀への反抗が企てられつつあった。...
葉室麟(著), 門井慶喜(著), 小松エメル(著), 土橋章宏(著), 天野純希(著), 木下昌輝(著) | 2020-05-15 | 全11巻の18冊目 | ★4 (26)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥792
47pt (6%)
実質価格/割引率 ¥745 (6%⬇)
[2022/12/04 11:00時点]
葉室麟が、門井慶喜が、土橋章宏が「新選組」を描く! 累計28万部を突破し、ますます進化を続ける「決戦!」シリーズ。 戦国時代の著名な戦場を舞台にすることが多かった「決戦!」シリーズだが、今回の舞台は初の幕末。 「新選組」の活躍と悲哀を、当代きっての人気作家が描き出す。
白石一郎(著) | 2020-02-07 | ★3.5 (14)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥653 (1%⬇)
[2022/12/04 18:00時点]
多々良一学は、慶長・元和の戦国豪傑の気風を残す、武辺者だった。しかし、戦国の気風が色あせた寛永の今、この男は、周囲に、はなはだ迷惑な男であった。強姦同然で妻とされたおくにの苦労も、人一倍。そんな一学が、今度は主君のあとを追って、切腹! 「武士道友情」の悲哀と奇妙さを描き出す、絶品...
矢野隆(著) | 2020-01-15 | ★4 (28)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥726
43pt (6%)
実質価格/割引率 ¥683 (6%⬇)
[2022/12/04 15:00時点]
関ヶ原の合戦後に、西軍で唯一領土を減らされなかった所以とされる「島津の退き口」。70万石を守ることにつながった義弘のその手並みとは! はたまた、織田信長最大の窮地をまさに身を挺して救った羽柴秀吉の「金ヶ崎の退き口」。後に天下取りを競い合う、明智光秀や徳川家康も共に戦ったという奇跡...
東郷隆(著) | 2019-11-01 | ★4 (3)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥935
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥926 (1%⬇)
[2022/12/04 10:00時点]
凄絶な死闘。攻防! 忍法VS.南蛮式銃砲。死闘の影に躍る忍者! 信長との覇権争いを征し上洛した上杉謙信は、海上要塞を築いて逆襲を狙う信長を暗殺するため、最強の忍び・長床新八を傭う。剣法・幻術入り乱れての凄絶な攻防の末、新八は信長の首に迫るが……。奇想天外、戦国シミュレーション小説...
葉室麟(著), 吉川永青(著), 東郷隆(著), 蓑輪諒(著), 宮本昌孝(著), 天野純希(著), 冲方丁(著) | 2019-08-09 | 全11巻の11冊目 | ★4 (11)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥792
47pt (6%)
実質価格/割引率 ¥745 (6%⬇)
[2022/12/04 17:00時点]
慶長5年9月15日(1600年10月21日)。美濃国・関ヶ原で起こった世紀の大決戦。東軍の総大将・徳川家康と西軍の実質的な大将・石田三成の天下を分ける戦いとして知られるが、勝敗の鍵を握ったのはこの二人だけではなかった。そのもっとも重要な人物は小早川秀秋。彼の裏切りは予測されていた...
榊山潤(著) | 2019-05-24
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥715
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥708 (1%⬇)
[2022/12/04 15:00時点]
室町幕府を崩壊させた下剋上の激浪も、各地の群雄が次第に淘汰されるに及んで、ようやく鎮静の兆しをみせる。戦国の地鳴りは、徳川幕府という大政権を産み出すための、不可避の陣痛だったのかもしれない。本巻には、千利休、大友宗麟、長宗我部元親、徳川家康、石田三成、細川ガラシャ、淀君、天草時貞...
榊山潤(著) | 2019-04-26
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥715
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥708 (1%⬇)
[2022/12/04 17:00時点]
足利幕府の弱体化にともない、おのれの勢力拡張を図る群雄は、諸国に蜂起、下剋上の時代は確実に迫ってくる。動乱の時代を切り開く、戦国の名将たち。天下を再統一するのは誰か? ――歴史人物の事跡を探る傑作。本巻には、武田信玄、上杉謙信、里見義堯、織田信長、明智光秀、三好長慶、松永久秀、豊...
冲方丁(著), 砂原浩太朗(著), 矢野隆(著), 富樫倫太郎(著), 宮本昌孝(著), 木下昌輝(著), 花村萬月(著) | 2019-04-16 | 全11巻の17冊目 | ★3 (15)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥836
55pt (7%)
実質価格/割引率 ¥781 (7%⬇)
[2022/12/04 17:00時点]
永禄三年五月十九日(1560年6月12日)。「海道一の弓取り」こと今川義元が、天下に号令せんと東進を開始。織田信長の所領・尾張に大軍が侵入したところでそれは起こった。丘陵地帯の地勢と豪雨を味方につけた、乾坤一擲の奇襲。三国の太守が寡兵による一撃で落命したしたのだ。「群雄割拠」から...
山本周五郎(著) | 2018-10-16 | ★2.9 (4)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥660
40pt (6%)
実質価格/割引率 ¥620 (6%⬇)
[2022/12/04 20:00時点]
山本周五郎は、二人の天下人をいかに見つめていたのか? 多くの時代小説を書き残しながら、その作風から、決して戦国武将を正面から描くことをしなかった周五郎。本書に収録された八篇――「信長編」四篇と「家康編」の四篇――それぞれに仕えた家臣達の物語を通し、その背景に立ちのぼる天下人の姿と...
矢野隆(著) | 2018-08-10 | ★4 (12)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥1012
60pt (6%)
実質価格/割引率 ¥952 (6%⬇)
[2022/12/04 11:00時点]
秀俊は13歳にして豊臣家を出て、備後国の小早川隆景の養子となる。隆景は秀吉の信頼厚く、毛利家内でも重きをなす人物だ。対面して秀俊は隆景の眼鏡に適い、秀俊も隆景に好感を持つ。翌々年、時代が大きく動く。交戦していた朝鮮との和平交渉が決裂し、再出兵が決まる。秀俊は日本軍の総大将に任じら...
冲方丁(著), 佐藤巖太郎(著), 吉川永青(著), 矢野隆(著), 乾緑郎(著), 木下昌輝(著), 宮本昌孝(著) | 2018-07-13 | 全11巻の15冊目 | ★4 (20)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥858
51pt (6%)
実質価格/割引率 ¥807 (6%⬇)
[2022/12/04 11:00時点]
永禄四年九月十日(1561年10月18日)──史上最強同士の激突の瞬間に、武田信玄は、上杉謙信は、何を思ったのか。霧立ちこめる北信濃の要衝で、竜虎が激突する。稀に見る上級の駆け引き。従った武将たちの本心は!……戦国最強対決の「瞬間」に、7人の作家が参戦。累計19万部突破の大好評「...
伊東潤(著), 矢野隆(著), 天野純希(著), 宮本昌孝(著), 木下昌輝(著), 葉室麟(著), 冲方丁(著) | 2018-03-15 | 全11巻の14冊目 | ★4.5 (17)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥902
62pt (7%)
実質価格/割引率 ¥840 (7%⬇)
[2022/12/04 10:00時点]
天正十年六月二日(1958年6月21日)──戦国時代でいちばん長い夜だった。すなわち本能寺の変。天下人目前の信長を、討った男と守った男。野心と業にまみれた男たちのそれぞれの生きざまとは……。歴史の流れを変えた「瞬間」に、名手7人が集結。累計18万部突破の大好評「決戦!」シリーズ第...
葉室麟(著), 木下昌輝(著), 富樫倫太郎(著), 乾緑郎(著), 天野純希(著), 冲方丁(著), 伊東潤(著) | 2018-01-12 | 全11巻の13冊目 | ★4 (14)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥836
55pt (7%)
実質価格/割引率 ¥781 (7%⬇)
[2022/12/04 17:00時点]
慶長二十年五月(1615年6月)。豊臣秀吉が築いた天下の名城・大坂城を舞台に、戦国時代最後の大合戦がはじまろうとしていた。乱世に終止符は打たれるのか、敗北は即ち滅亡……。7人の人気作家が、戦国最終決戦「大坂の陣」に参陣。累計16万部突破の大好評「決戦!」シリーズ第2弾!
葉室麟(著), 冲方丁(著), 伊東潤(著), 天野純希(著), 矢野隆(著), 吉川永青(著), 木下昌輝(著) | 2017-08-10 | 全11巻の10冊目 | ★3.5 (20)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥880
53pt (6%)
実質価格/割引率 ¥827 (6%⬇)
[2022/12/04 17:00時点]
当代きっての作家たち、ガチンコ競作シリーズ!慶長五年九月十五日、霧立ちこめる地に戦国時代の終焉を告げる運命を背負った男たちが集結した。天下分け目の大戦「関ヶ原の戦い」。徳川家康率いる「東軍」圧勝の理由、石田三成率いる「西軍」敗北の契機、そして両軍の運命を握る男。七人の作家が七人の...
加来耕三(著) | 2014-02-07 | ★1 (1)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥649
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥643 (1%⬇)
[2022/12/04 12:00時点]
秀吉、家康ら戦国武将に、最も畏怖された男の生涯。関ヶ原の戦い前夜、正々堂々、家康のやり口を批判し、6万9千余からなる家康の上杉征伐軍を迎え撃って、あくまでも“義戦”を貫徹しようとした男、直江兼続。謙信に学び、長じて景勝に仕え、越後・上杉家の家宰として“利”を求める戦国乱世の時代に...
岩井三四二(著) | 2014-01-31 | ★4 (2)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥649
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥643 (1%⬇)
[2022/12/04 16:00時点]
時は戦国、天下一の連歌師・宗牧と、その息子・無為と共に、弟子の友軌は東国を歴訪する旅に出ることになった。そこへ朝廷から、尾張の織田、三河の松平、相模の北条に宛てた書簡を託されてしまう。数人が集まって百韻の句を詠む連歌の興行を催しながら、数多の困難をかきわけ進む一行を描いた異色ロー...
鯨統一郎(著) | 2012-12-17 | 全7巻の4冊目 | ★3 (6)
[pub:講談社] [gen:文学・評論]
¥713
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥705 (1%⬇)
[2022/12/04 20:00時点]
タイムスリップで戦国時代に現れ、歴史を意のままに塗り替えようと企む25世紀のマフィア組織<むらさきの光>。21世紀の女子高生うらら達は、正しい歴史に戻すべく戦国の世に飛ぶ。織田信長を支え、上杉謙信に策を授け、本能寺の変を実現に導き、とハチャメチャ大活躍。鯨ワールド全開! カタルシ...