【50%ポイント還元】文藝春秋 ポイント還元キャンペーン 『嫌われた監督』『コンビニ人間』『女帝 小池百合子』『俺、勇者じゃないですから。』など (9/22まで)

本セールは終了しました
[前のセール] [新しいセール]
『文春将棋』『裸一貫! つづ井さん4』『承久の乱』『小隊』『コンビニ人間』『嫌われた監督』『葉桜の季節に君を想うということ』『鍵のない夢を見る』『フェミニズムってなんですか?』『勉強の哲学』などがラインナップ。
詳細不明ですが、文藝春秋のポイント還元セールが開催中です。
本ページは「キンセリ」の特設ページです。 キンドルの非公式セール(アマゾンのサイト内にセール専用ページのないセール)の対象作品の一部(400冊)のリストを提供しています。

アマゾンリンクについて

アマゾンに公式ページがないセールでは、対象作品のコードを羅列してアマゾン内でOR検索する「検索リンク」を作成し掲載しています。 URLの長さ制限のため、件数の多いセールは複数に分割しています。 ご了承ください。

また、これらのリンクのアフィリエイトIDを変更してSNSやブログで利用する場合は、情報源として「キンセリ」へリンクしていただけると嬉しいです。 利用状況もわかり励みになります。よろしくお願いします。

HTMLコード例:<a href="https://yapi.ta2o.net/kndlsl/">キンセリ</a>

HTML表示例: 情報源: キンセリ (via キンセリ)

作品表示設定
画像サイズ: 100%
フィルター操作パネル
表示件数: 400/400
(β版)
ソート
文藝春秋(編集) | 2022-04-18 | ★4.6 (158)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1100
11pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1089 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 395位(直近30日)
すべての棋士にはドラマがある――。 大好評だった文春将棋ムックの第2弾、観る将ファンに向けた「読む将棋」の決定版です。 登場する棋士/女流棋士は総勢24人以上! 巻頭16ページのルポ「藤井時代か、藤井世代か」は、藤井聡太竜王のライバル候補である4名の若手棋士に徹底取材しました。 ...
つづ井(著) | 2022-03-09 | 全4巻の4冊目 | ★5 (578)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥950
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥940 (1%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 575位(直近30日)
「どんな状況でも現状を常に楽しくHappyに生きるつづ井さん! 素敵です!」(ぼる塾 田辺さん) 「私たちはいつだってページを開いてつづ井さんに会いに行きます!」(ぼる塾 酒寄さん) ぼる塾 田辺さん、酒寄さんもHappy! 『つづ井さん』シリーズ第4巻が、ついに刊行!! つづ井...
本郷 和人(著) | 2019-01-18 | ★4.4 (430)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:歴史・地理]
¥897
55pt (6%)
実質価格/割引率 ¥842 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 610位(直近30日)
『日本史のツボ』(文春新書)、『ヤバイ日本史』などで知られる人気歴史学者が、専門である鎌倉時代を舞台に、満を持して取り組んだ意欲作です。本郷さんは鎌倉時代の基本史料『現代語訳 吾妻鏡』の編者の一人でもあります。 誰もが日本史上の重要トピックとして覚えた経験はあるが、敗れた後鳥羽上...
砂川 文次(著) | 2022-05-10 | ★3.8 (473)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:社会・政治]
¥800
44pt (6%)
実質価格/割引率 ¥756 (6%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 635位(直近30日)
★「ブラックボックス」で芥川賞を受賞した作家の衝撃作&デビュー作が合本に。 ロシア軍が北海道に上陸。自衛隊の3尉・安達は敵を迎え撃つべく小隊を率いて任務につく。避難を拒む住民、届かない敵の情報、淡々と命令をこなす日々――。そんな安達の”戦場”は姿を現したロシア軍によって地獄と化す...
村田 沙耶香(著) | 2018-09-04 | ★4.2 (3900)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥631
31pt (5%)
実質価格/割引率 ¥600 (5%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 641位(直近30日)
「普通」とは何か? 現代の実存を軽やかに問う第155回芥川賞受賞作 36歳未婚、彼氏なし。コンビニのバイト歴18年目の古倉恵子。 日々コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打ち、 「店員」でいるときのみ世界の歯車になれる――。 「いらっしゃいませー!!」 お客様がたてる音に負けじと、...
鈴木 忠平(著) | 2021-09-24 | ★4.7 (4039)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:スポーツ・アウトドア] [gen:歴史・地理]
¥1900
19pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1881 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 652位(直近30日)
なぜ 語らないのか。 なぜ 俯いて歩くのか。 なぜ いつも独りなのか。 そしてなぜ 嫌われるのか――。 中日ドラゴンズで監督を務めた8年間、ペナントレースですべてAクラスに入り、日本シリーズには5度進出、2007年には日本一にも輝いた。 それでもなぜ、落合博満はフロントや野球ファ...
歌野 晶午(著) | 2017-12-05 | ★4 (965)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥784
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥770 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 666位(直近30日)
ミステリー文学賞&年末ランキング4冠! 本格ミステリーの新時代を告げた記念碑的傑作!  かつては探偵事務所で働き、いまは「何でもやってやろう屋」を自称して気ままな生活を送る「俺」成瀬将虎。 ある日、高校の後輩のキヨシの頼みで、彼が密かに惚れている久高愛子の祖父の不審死と...
辻村深月(著) | 2015-07-10 | ★4 (249)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥540 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 668位(直近30日)
望むことは、罪ですか? 誰もが顔見知りの小さな町で盗みを繰り返す友達のお母さん、結婚をせっつく田舎体質にうんざりしている女の周囲で続くボヤ、出会い系サイトで知り合ったDV男との逃避行──。普通の町に生きるありふれた人々に、ふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる五篇。現...
清水 晶子(著) | 2022-05-20 | ★4.4 (40)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:趣味・実用] [gen:社会・政治]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 686位(直近30日)
性差別のない21世紀を実現するために。 フェミニズムを様々なトピックで学ぶ必携の一冊! * * * 女性たちが日以上生活の中で、「あれ?」と疑問に思うこと、 何気ない言葉や行為に抵抗を覚えること。 それはフェミニズムのきっかけになります。 「私が我慢すれば」と抑えこんでいた怒りや...
千葉 雅也(著) | 2020-03-10 | ★4.3 (194)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥770
60pt (8%)
実質価格/割引率 ¥710 (8%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 776位(直近30日)
「勉強」が気になっているすべての人へ! 勉強ができるようになるためには、変身が必要だ。 勉強とは、かつての自分を失うことである。 深い勉強とは、恐るべき変身に身を投じることであり、 それは恐るべき快楽に身を浸すことである。 そして何か新しい生き方を求めるときが、 勉強に取り組む最...
東野 圭吾(著) | 2020-04-24 | ★4.5 (1566)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥770
46pt (6%)
実質価格/割引率 ¥724 (6%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 802位(直近30日)
累計290万部突破。直木賞を受賞した大ベストセラー! 天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、一人娘と暮らす隣人の靖子に秘かな想いを寄せていた。彼女たちが前夫を殺害したことを知った彼は、2人を救うため完全犯罪を企てる。だが皮肉にも、石神のかつての親友である物...
若林 正恭(著) | 2021-12-07 | ★4.6 (1671)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥750
40pt (5%)
実質価格/割引率 ¥710 (5%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 803位(直近30日)
【累計26万部突破!】 オードリー若林の6年間の集大成エッセイ 「おじさん」になって世界を肯定できるようになるまで 書き下ろし17,000字!「明日のナナメの夕暮れ」収録 恥ずかしくてスタバで「グランデ」を頼めない。ゴルフに興じるおっさんはクソだ!―― 世の中を常に”ナナメ”に見...
伊坂 幸太郎(著) | 2017-09-01 | ★4.3 (361)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
15pt (2%)
実質価格/割引率 ¥800 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 832位(直近30日)
娘を残虐に殺された小説家の山野辺は苦しみのなかにいた。 著名人であるが故にマスコミからの心無い取材に晒され、さらに犯人とされていた男・本城が第一審で無罪になったのだ。 しかし、山野辺は彼が犯人であることを「知っていた」。 彼はサイコパスと呼ばれる反社会的人格者で、 自分が犯人であ...
中野 京子(著) | 2022-02-08 | ★4.6 (21)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:歴史・地理]
¥880
59pt (7%)
実質価格/割引率 ¥821 (7%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 832位(直近30日)
美しい絵画の裏にある人の世の深淵 若く、美しいバーの売り子。彼女の虚ろな表情が物語る、残酷な現実とは――。名画の背後に潜むドラマを読み解く絵画エッセイ17篇。
上橋 菜穂子(著) | 2022-03-24 | 全2巻の2冊目 | ★4.6 (396)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1700
17pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1683 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 832位(直近30日)
「飢えの雲、天を覆い、地は枯れ果て、人の口に入るものなし」――かつて皇祖が口にしたというその言葉が現実のものとなり、次々と災いの連鎖が起きていくなかで、アイシャは、仲間たちとともに、必死に飢餓を回避しようとするのだが……。 オアレ稲の呼び声、それに応えて飛来するもの。異郷から風が...
伊坂 幸太郎(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (902)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥612
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥600 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 838位(直近30日)
こんな人物が身近に現れたら、彼/彼女は死神かもしれません──(1)CDショップに入りびたり(2)苗字が町や市の名前と同じ(3)会話の受け答えが微妙にずれていて(4)素手で他人に触ろうとしない。1週間の調査の後、死神は対象者の死に「可」「否」の判断を下し、「可」ならば翌8日目に死は...
村上春樹(著) | 2016-10-07 | ★4 (182)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥540 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 856位(直近30日)
堪えがたいほどの空腹を覚えたある晩、彼女は断言した。「もう一度パン屋を襲うのよ」。それ以外に、学生時代にパン屋を襲撃して以来、僕にかけられた呪いをとく方法はない。かくして妻と僕は中古のカローラで、午前2時半の東京の街へ繰り出した……。表題作のほか「象の消滅」、“ねじまき鳥”の原型...
角幡 唯介(著) | 2021-10-06 | ★4.5 (254)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥880
53pt (6%)
実質価格/割引率 ¥827 (6%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 874位(直近30日)
ノンフィクション界のトップランナーによる最高傑作。 ヤフーニュース本屋大賞ノンフィクション本大賞、大佛次郎賞、W受賞! 探検家にとっていまや、世界中どこを探しても“未知の空間”を見つけることは難しい。様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出か...
原田 マハ(著) | 2022-06-07 | ★4.4 (199)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 879位(直近30日)
アートに青春と情熱をかけた男たちの物語 「日本に美術館を創りたい」。その夢を追いかけ、絵を一心に買い集めた男がいた。国立西洋美術館の礎“松方コレクション”誕生秘話。
ジェイコブ・ソール(著), 村井 章子(翻訳) | 2018-04-10 | ★4.5 (226)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:歴史・地理]
¥968
64pt (7%)
実質価格/割引率 ¥904 (7%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 883位(直近30日)
「権力とは財布を握っていることである」 アダム・スミス、カール・マルクス、マックス・ウェーバー……。 彼らが口を揃えて主張していた「帳簿」の力とは、一体何なのか。 これまでの歴史家たちが見逃してきた「帳簿の世界史」を、 会計と歴史のプロフェッショナルが初めて紐解く。 ・なぜスペイ...
瀬尾 まいこ(著) | 2020-09-02 | ★4.4 (3258)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
34pt (4%)
実質価格/割引率 ¥766 (4%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 911位(直近30日)
2021年10月、永野芽郁×田中圭×石原さとみ主演で映画化! 幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。 その後も大人の都合に振り回され、高校生の今は二十歳しか離れていない“父”と暮らす。 血の繋がらない親の間をリレーされながらも、...
エレーヌ・フォックス(著), 森内薫(翻訳) | 2017-08-04 | ★4 (139)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:科学・テクノロジー]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 911位(直近30日)
人生の明るい面に目がいくか、暗い面に目がいくか。その差は脳の活動パターン自体に関連していた。エジソン、チャーチル、マンデラ……逆境に打ち勝つ偉人はみな「楽観主義者」。〈楽観脳〉と〈悲観脳〉は何が違うのか、心理学、分子遺伝学、神経科学を横断しながら人格形成の神秘を明らかにする「白熱...
マイケル・ルイス(著), 東江一紀(翻訳) | 2016-01-15 | ★4.5 (181)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 916位(直近30日)
2016年3月公開 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』原作 世界中が、アメリカ発の住宅好況に酔っていた2000年代半ば、そのまやかしを見抜き、世界経済が破綻する方に賭けた男達がいた。投資銀行、格付機関、米政府の裏をかき、彼らはいかに世紀の空売りと呼ばれる大相場をはったのか。...
米澤 穂信(著) | 2012-09-20 | ★4 (257)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥774
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥760 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 932位(直近30日)
アルバイト情報誌に掲載されていた仕事は「ある人文科学的実験の被験者」になれば、時給1120百円…つまり11万2千円がもらえるというもの。これは誤植か? そんな仕事が実在するのか? 破格の条件につられて応募し、選ばれたのは12人の男女。とある地下施設に閉じ込められた彼らは、<実験>...
本郷 和人(著) | 2022-05-20 | ★4.2 (89)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:歴史・地理]
¥880
45pt (5%)
実質価格/割引率 ¥835 (5%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 933位(直近30日)
「定説」も「最新学説」も一から見直そう! 45のクエスチョンで日本史を総ざらい。 人事、経済、組織、リーダー、国際環境―― 古代から近世まで「時代を動かす力」がわかる! 【目次より】 日本史は何の役に立つのか 歴史用語を疑え 史実とは何か 史料の使い方、疑い方 流れを押さえる四つ...
朝井リョウ(著) | 2015-01-30 | ★4.3 (213)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥601
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥590 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 935位(直近30日)
就職活動生の群像『何者』で戦後最年少の直木賞受賞者となった著者。初のエッセイ集では天与の観察眼を縦横無尽に駆使し、上京の日々、バイト、夏休み、就活そして社会人生活について綴る。「ゆとり世代」が「ゆとり世代」を見た、切なさとおかしみが炸裂する23編。『学生時代にやらなくてもいい20...
トレヴァー・ノートン(著), 赤根洋子(翻訳) | 2016-11-18 | ★4 (151)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1019
19pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1000 (2%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 939位(直近30日)
マッドサイエンティストの世界へ、ようこそ 性病、コレラ、放射線、毒ガス……。人類の危機を救った偉大な科学者たちは、己の身を犠牲にして、果敢すぎる人体実験に挑んでいた! 自身も科学者である著者は、自らの理論を信じて自分の肉体で危険な実験を行い、今日の安全な医療や便利な乗り物の礎を築...
宮下 奈都(著) | 2018-02-09 | ★4.2 (1293)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
40pt (6%)
実質価格/割引率 ¥673 (6%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 943位(直近30日)
第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 第1位……伝説の三冠を達成! 日本中の読者の心を震わせた小説、いよいよ文庫化! ゆるされている。世界と調和している。 それがどんなに素晴らしいことか。 言葉で伝えきれないなら、音で表せるように...
みうら じゅん(著) | 2018-10-06 | ★4.4 (430)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥723
40pt (6%)
実質価格/割引率 ¥683 (6%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 945位(直近30日)
「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いの...
辻村 深月(著) | 2018-09-04 | ★4.2 (505)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥763
65pt (9%)
実質価格/割引率 ¥698 (9%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 961位(直近30日)
第147回直木賞、第15回本屋大賞の受賞作家が到達した新境地! 長く辛い不妊治療の末、栗原清和・佐都子夫婦は、民間団体の仲介で男の子を授かる。朝斗と名づけた我が子はやがて幼稚園に通うまでに成長し、家族は平穏な日々を過ごしていた。そんなある日、夫妻のもとに電話が。それは、息子となっ...
本郷 和人(著) | 2021-11-18 | ★4.2 (197)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥950
27pt (3%)
実質価格/割引率 ¥923 (3%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 964位(直近30日)
「大河」ファン必携の北条全史 鎌倉幕府百五十年の歴史をつくった謎の一族、北条氏。名もなき一介の武士の一族が、なぜ政権を奪取し日本を動かし続け、最後は族滅したのか。時政、義時、泰時……、歴代の北条家当主のリーダーシップから読み解く鎌倉通史の決定版。 ――北条家のリーダーたちに学べ ...
ブレイディ みかこ(著) | 2021-06-25 | ★4.5 (336)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 967位(直近30日)
他者を学ぶこと、考えること、想うこと。 すべてはきみの自由のため。 ブレイディさんの熱い直球を受けとめろ! ――福岡伸一 差異を超克するすべを人類は持ち得たのか、 読み手の知性が試される一冊。 ――中野信子 他者はあまりに遠い。“共感”だけではたどり着けない。 ジャンプするために...
森見 登美彦(著) | 2021-09-01 | ★4.1 (289)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
27pt (3%)
実質価格/割引率 ¥973 (3%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 971位(直近30日)
どうしても「読み終えられない本」がある。結末を求めて悶えるメンバーは東奔西走。世紀の謎はついに…。第6回高校生直木賞受賞作。 【電子書籍特典付き】電子書籍特典として森見さんの書き下ろしエッセイ「私の熱帯」をPDFでダウンロードして読むことができます。
川上 未映子(著) | 2021-08-03 | ★4 (405)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 985位(直近30日)
大阪の下町で生まれ小説家を目指し上京した夏子。38歳の頃、自分の子どもに会いたいと思い始める。子どもを産むこと、持つことへの周囲の様々な声。そんな中、精子提供で生まれ、本当の父を探す逢沢と出会い心を寄せていく。生命の意味をめぐる真摯な問いを切ない詩情と泣き笑いの筆致で描く、全世界...
島本 理生(著) | 2020-02-05 | ★4.0 (712)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥780
46pt (6%)
実質価格/割引率 ¥734 (6%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 993位(直近30日)
夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り...
湊かなえ(著) | 2016-09-02 | ★4 (211)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥601
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥590 (2%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1005位(直近30日)
暗い海に青く輝いた星のような光。 母と二人で暮らす幼い私の前に現れて世話を焼いてくれた“おっさん”が海に出現させた不思議な光。 そして今、私は彼の心の中にあった秘密を知る…日本推理作家協会賞受賞作「海の星」他、島に生まれた人たちの島への愛と憎しみが生む謎を、自らも瀬戸内の“島”に...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2022-04-06 | 全2巻の1冊目 | ★4 (54)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1300
84pt (6%)
実質価格/割引率 ¥1216 (6%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1005位(直近30日)
ドンデン返しの魔術師、第三短編集。ライム、ダンス、ペラム総出演の豪華上下巻、まずはI巻が降臨です! 看板シリーズの長編はもとより、短編の名手でもあるディーヴァー。「このミス」2位となった第一短編集『クリスマス・プレゼント』、第二短編集『ポーカー・レッスン』は、それぞれ「Twist...
中山七里(著) | 2017-03-17 | ★4.4 (738)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥763
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥750 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1009位(直近30日)
ドンデン返しの帝王、渾身の大作! 若手時代に逮捕した男は無実だったのか? 鳴海刑事は孤独な捜査を始めたが…社会派ミステリーに驚愕の真実を仕掛けた傑作。 豪雨の夜の不動産業者殺し。 強引な取調べで自白した青年は死刑判決を受け、自殺を遂げた。 だが5年後、刑事・渡瀬は真犯人がいたこと...
若松 英輔(著), 山本 芳久(著) | 2021-12-16 | ★4.5 (30)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1009位(直近30日)
埋まらない社会の分断、無関心という病、かつてない気候変動の危機。 コロナ禍で顕在化した危機にどう立ち向かえばいいのか。 時代の危機に、キリスト教はどう答えてきたのか? 教皇フランシスコ、トマス・アクィナス、アウグスティヌスから カール・バルト、西田幾多郎まで。 未来を照らす光を過...
若林 正恭(著) | 2020-10-07 | ★4.6 (2017)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥790
51pt (6%)
実質価格/割引率 ¥739 (6%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1014位(直近30日)
第3回斎藤茂太賞受賞! 選考委員の椎名誠氏に「新しい旅文学の誕生」と絶賛された名作紀行文。 飛行機の空席は残り1席――芸人として多忙を極める著者は、5日間の夏休み、何かに背中を押されるように一人キューバへと旅立った。クラシックカーの排ガス、革命、ヘミングウェイ、青いカリブ海……「...
森 絵都(著) | 2020-04-17 | ★4.3 (1326)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥680
52pt (8%)
実質価格/割引率 ¥628 (8%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1014位(直近30日)
老若男女に読み継がれる、不朽の名作。 生前の罪により輪廻のサイクルから外されたぼくの魂が天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。 真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようにな...
村上春樹(著) | 2016-10-07 | ★4.0 (1839)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥700 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1017位(直近30日)
舞台俳優・家福をさいなみ続ける亡き妻の記憶。彼女はなぜあの男と関係したのかを追う「ドライブ・マイ・カー」。妻に去られた男は会社を辞めバーを始めたが、ある時を境に店を怪しい気配が包み謎に追いかけられる「木野」。封印されていた記憶の数々を解くには今しかない。見慣れたはずのこの世界に潜...
村上春樹(著) | 2016-10-07 | ★4 (197)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥499
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥490 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1019位(直近30日)
古い屋敷で留守番をする「僕」がある夜見た、いや見なかったものは何だったのか? 椎の木の根元から突然現れた緑色の獣とそのかわいそうな運命とは。「氷男」と結婚した女は、なぜ南極に行こうとしたのか……。次々に繰り広げられる不思議で、楽しく、そして底なしの怖さを秘めた7つの物語。
原田 マハ(著) | 2018-04-10 | ★4 (162)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥612
36pt (6%)
実質価格/割引率 ¥576 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1019位(直近30日)
モダン・アートの聖地、ニューヨーク近代美術館――MoMA。ピカソ、マティス、ルソー、ワイエスなど20世紀絵画の巨匠たちの作品が綺羅星のごとく並ぶこの美術館を舞台に、アートを愛するさまざまな人の夢や苦悩、人生の決断を描く。アート小説の名手たる著者の真骨頂にして、もっとも都会的な短編集。
ジリアン・テット(著), 土方 奈美(翻訳) | 2019-05-09 | ★4 (124)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:社会・政治]
¥1120
73pt (7%)
実質価格/割引率 ¥1047 (7%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1019位(直近30日)
1999年のラスベガス。ソニーは絶頂期にあるように見えた。しかし、舞台上でCEOの出井伸之がお披露目した「ウォークマン」の次世代商品は、2つの部門がそれぞれ別個に開発した、2つの互換性のない商品だった。それはソニーの後の凋落を予告するものだった。 世界の金融システムがメルトダウン...
半藤 一利(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (939)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥652
32pt (5%)
実質価格/割引率 ¥620 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1022位(直近30日)
近代日本の“運命の一日”を描いた不朽の名作。太平洋戦争を終結させるべく、天皇の「聖断」に従い和平への努力を続ける首相鈴木貫太郎をはじめとする人々と、徹底抗戦を主張して蹶起せんとした青年将校たち──。玉音放送を敢行しようとする政府関係者に対して、陸軍の一部軍人は近衛連隊を率いて皇居...
横山 秀夫(著) | 2012-09-20 | ★4.4 (499)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥784
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥770 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1022位(直近30日)
1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。その日、北関東新聞の古参記者・悠木は同僚の元クライマー・安西に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑むはずだった。未曾有の事故。全権デスクを命じられ、約束を違えた悠木だが、ひとり出発したはずの安西はなぜか山と無関係の歓楽街で倒れ、意識が戻らない。「...
山本 七平(著) | 2018-12-04 | ★4.1 (263)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥693
35pt (5%)
実質価格/割引率 ¥658 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1022位(直近30日)
昭和52年の発表以来、40年を経ていまだに多くの論者に引用、紹介される名著。 日本人が物事を決めるとき、もっとも重要なのは「空気」である。 2018年3月にも、NHK Eテレ「100分deメディア論」で、社会学者・大澤真幸氏が本書を紹介し、大きな反響があった。 日本には、誰でもな...
西山圭太(著), 冨山和彦・解説(著) | 2021-03-31 | ★4.1 (575)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:投資・金融・会社経営]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1026位(直近30日)
累計9万5000部(電子含む)突破!『コロナショック・サバイバル』 『コーポレート・トランスフォーメーション』に続く「DX成功への決定書」! 「DXの真髄を見事に解き明かした。これからのビジネス、社会を考える必読書」 ーー松尾豊氏(東京大学大学院教授・人工知能研究者)推薦! 「著...
池井戸 潤(著) | 2017-09-07 | ★4.5 (176)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥2852
52pt (2%)
実質価格/割引率 ¥2800 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1026位(直近30日)
ドラマが社会現象にもなった池井戸潤の「半沢直樹」シリーズ4作が一冊の合本に。 給料は下がり、ポストも減り、逆境にさらされるバブル入行組の男たちの意地と挑戦を鮮やかに描く痛快エンターテインメント! 「オレたちバブル入行組」 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢...
吉田修一(著) | 2012-11-09 | ★4.5 (326)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥785
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥777 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1028位(直近30日)
今から20年前──。大学進学のため長崎から上京した横道世之介18歳。愛すべき押しの弱さと隠された芯の強さで、様々な出会いと笑いを引き寄せる。友の結婚に出産、学園祭のサンバ行進、お嬢様との恋愛、カメラとの出会い……。世之介の学生時代の1年間と彼と関わった人々の今を描き、誰の心の中に...
浅田次郎(著) | 2015-05-29 | ★4.6 (109)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1019
19pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1000 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1037位(直近30日)
小雪舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、満身創痍の侍がたどり着いた。貧しさから南部藩を脱藩し、壬生浪と呼ばれた新選組に入隊した吉村貫一郎であった。“人斬り貫一”と恐れられ、妻子への仕送りのため守銭奴と蔑まれても、飢えた者には握り飯を施す男。元新選組隊士や教え子が語る非業の隊士...
東畑 開人(著) | 2021-09-03 | ★4.5 (242)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1047位(直近30日)
この20年、心は消滅の危機にさらされている。物が豊かな時代は終わり、リスクだけが豊かな時代がやってきたからだ。人々は目の前のことでせいいっぱい。心はすぐにかき消されてしまう。社会にも、身近な人間関係にも、そして自分自身の中にさえも、心というプライベートで、ミクロなものを置いておく...
司馬遼太郎(著) | 2014-12-12 | ★4.5 (401)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥5500
100pt (2%)
実質価格/割引率 ¥5400 (2%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1049位(直近30日)
総発行部数2500万部超! 坂本竜馬の奇蹟の生涯を壮大なスケールで描く、司馬文学の金字塔、全8巻(文春文庫)が合本に。 土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯。司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえ...
原田 マハ(著) | 2013-07-12 | ★4.5 (787)
[pub:文藝春秋] [gen:Kindle本]
¥681
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥670 (2%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1052位(直近30日)
無職の娘とダメな父。ふたりに奇跡が舞い降りた! 39歳独身の歩(あゆみ)は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに、歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスター...
辻村深月(著) | 2014-10-10 | ★3.5 (38)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥652
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥640 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1052位(直近30日)
自然を切り崩し、ロックフェスを誘致する以外に取柄もない山村。田舎特有の、窒息しそうな閉塞感に苛立つ高校生の広海は、突然村に戻ってきた地元出身の有名モデル・由貴美と出会い、囚われてゆく。ある晩彼女から「村への復讐に協力してほしい」と持ちかけられ、広海は求めに応じるが、実は由貴美には...
又吉直樹(著) | 2017-02-10 | ★4 (2235)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥509
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥500 (2%⬇)
[2022/10/01 04:00時点]
セールスランク 1054位(直近30日)
NHKでドラマ放送スタート!(出演・林遣都、波岡一喜、門脇麦) 第一五三回芥川賞を受賞し、二〇一五年の話題をさらった「火花」が文庫化。 受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」を併録。 売れない芸人の徳永は、、天才肌の先輩芸人・神谷と出会い、師と仰ぐ。 神谷の伝記を書くことを乞われ...
村上春樹(著) | 2015-12-04 | ★4.1 (1320)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥794
44pt (6%)
実質価格/割引率 ¥750 (6%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1054位(直近30日)
多崎つくる、鉄道の駅をつくるのが仕事。名古屋での高校時代、四人の男女の親友と完璧な調和を成す関係を結んでいたが、大学時代のある日突然、四人から絶縁を申し渡された。 何の理由も告げられずに――。 死の淵を一時さ迷い、漂うように生きてきたつくるは、新しい年上の恋人・沙羅に促され、あの...
村上春樹(著) | 2016-10-07 | ★4.0 (102)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥509
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥500 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1054位(直近30日)
ある日曜日の夕方、「僕」の部屋にTVピープルたちがテレビを持ち込んできたことで、すべては始まった――表題作「TVピープル」。男にとても犯されやすいという特性を持つ美しい女性建築家の話「加納クレタ」。17日間一睡もできず、さらに目が冴えている女「「眠り」。それぞれが謎をかけてくるよ...
中野 京子(著) | 2018-08-03 | 全4巻の2冊目 | ★4.5 (63)
[pub:文藝春秋] [gen:アート・建築・デザイン]
¥897
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥880 (2%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1054位(直近30日)
「アダムにはないはずの臍が絵に描かれているのは?」「イエスが12月25日生まれとは聖書のどこにも書かれていない!?」「磔刑にされたイエスが見た光景とは?」。旧約・新約聖書に登場する様々なドラマと絵画の世界を深く楽しく解説。矛盾までが絵の魅力となることを解き明かす驚きと教養に満ちた...
スティーヴン・キング(著), 土屋 晃(翻訳) | 2021-12-01 | ★4.1 (43)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
19pt (2%)
実質価格/割引率 ¥861 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1057位(直近30日)
巨匠が放つノスタルジックで切ない青春ミステリー 遊園地でアルバイトを始めた大学生のぼくは、幽霊屋敷に出没する殺人鬼と対決する…… もう戻れない青春時代を美しく描く巨匠の新作。
佐藤 優(著), 池上 彰(著) | 2021-12-16 | ★4 (74)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:社会・政治]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1059位(直近30日)
最強のコンビには何を語ってもらっても面白い。今回は、各章で3~4冊の書籍を参考資料にして、現代社会を縦横無尽に斬りまくる。 まず、第1章のテーマは「人新世から見た仕事術」である。ここでの参考図書は、斎藤幸平『人新世の資本論』、グレーバーの『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事...
村上春樹(著) | 2015-08-28 | ★4.5 (597)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥570
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥560 (2%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1064位(直近30日)
走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール。
米原 万里(著) | 2012-09-20 | ★4 (201)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥540 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1065位(直近30日)
その名を聞いただけでロシア人なら皆いっせいに笑い出す「旅行者の朝食」というヘンテコな缶詰や、数十年前たった一口食べただけなのに今も忘れられない魅惑のトルコ蜜飴の話、はたまたロシアの高級輸出品キャビアはなぜ缶詰でなく瓶詰なのかについての考察や、わが家を建てる参考にとはるばる神戸の異...
山崎豊子(著) | 2014-11-21 | ★4.5 (82)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1760
18pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1742 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1067位(直近30日)
NHKでドラマ化された山崎豊子の感動巨篇「大地の子」全4巻が電子書籍の合本として登場。 松本勝男は、敗戦直後に祖父と母を喪い、妹と生き別れた。戦争孤児となった少年は、死線をさまよう苦難を経て、中国人教師に拾われ、中国人「陸一心」として育てられる。しかし、成人した一心を文化大革命の...
千葉 雅也(著) | 2017-12-08 | ★4 (35)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥509
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥500 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1069位(直近30日)
※単行本版『メイキング・オブ・勉強の哲学』と一部収録内容が異なります。 単行本版に収録されている第四章「欠如のページをめくること」及び「資料編」は、電子書籍版には収録されておりません。ご了承ください。 「勉強とは、これまでの自分を失って、変身することである。」 発売以来、その画期...
ルトガー・ブレグマン(著), 野中 香方子(翻訳) | 2021-07-27 | 全2巻の2冊目 | ★4.5 (312)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理] [gen:科学・テクノロジー]
¥1800
18pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1782 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1069位(直近30日)
「人間への見方が新しく変わる」――ユヴァル・ノア・ハラリ(『サピエンス全史』著者)推薦! 「希望に満ちた性善説の決定版!」――斎藤幸平(『人新世の「資本論」』著者)推薦! 「邦訳が待ちきれない!2020年ベスト10洋書」WIRED日本版選出 本国オランダでは発売忽ち25万部突破ベ...
文藝春秋(編集) | 2021-10-27 | ★4.5 (390)
[pub:文藝春秋] [gen:趣味・実用]
¥1300
13pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1287 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1071位(直近30日)
名馬堂々。 Legends on the Turf 1980-2021 武豊「僕と名馬とナンバーと」 [甦る奇跡のレース] オグリキャップ 1990「日本近代競馬、最良の日」 [世界最速牝馬を訪ねて] ホーリックス 1989「ニュージーランド発、オグリの記憶」 [出場全騎手の証言...
西 加奈子(著) | 2022-02-08 | ★4 (74)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
44pt (8%)
実質価格/割引率 ¥506 (8%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1071位(直近30日)
「こっこ」こと華原琴子、早生まれの8歳、小学校3年生。好きな言葉は「孤独」。 2014年に芦田愛菜主演で映画化された話題作! 狭い公団住宅に、中華屋から譲り受けた赤い大きな円卓で食事をする華原家は、頑固で文字好きの祖父、明朗快活な祖母、ハンサムで阿呆な父と美人で阿呆で素直な母、そ...
司馬遼太郎(著) | 2014-06-27 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (671)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥700
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥693 (1%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1079位(直近30日)
新選組副長、土方歳三を描いた司馬遼太郎の代表作が、ついに電子書籍で登場。無類の面白さが貴方を待ち受ける。これぞ小説だ! 不世出の小説家、司馬遼太郎さんには幕末に材を求めた作品がいくつもあります。そのなかで『竜馬がゆく』とともに特別な支持を集めてきたのがこの『燃えよ剣』。武州から出...
夢枕 獏(著) | 2021-08-04 | 全18巻の18冊目 | ★4.5 (126)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1079位(直近30日)
「晴明よ、無垢は、時に罪だ……」 源博雅の笛・葉二の過去、蝉丸の若き日の恋。 そして、人の魂を召喚する秘事の正体とは。 累計720万部「陰陽師」シリーズ第17巻! 源博雅の無垢さが鬼をもうろたえさせる「読人しらず」のほか、 若き日の蝉丸の恋と、ある秘儀を描いた原稿用紙120枚の中...
辻村 深月(著) | 2020-01-01 | 全2巻の1冊目 | ★4 (121)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥755 (6%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1081位(直近30日)
数々の結婚式やパーティー、この場所が見てきた百年の歴史。 社交の殿堂を舞台に描く感動小説。 大正十一年、社交の殿堂として丸の内に創業。 東京會舘は訪れる客や従業員に寄り添いつつ、その人の数だけ物語を紡いできた。 記憶に残る戦前のクラシック演奏会、戦中の結婚披露宴、戦後に誕生したオ...
麻耶雄嵩(著) | 2017-07-06 | 全1巻の1冊目 | ★4 (89)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥754
44pt (6%)
実質価格/割引率 ¥710 (6%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1081位(直近30日)
1行目から真犯人の名前をズバリ公開!? 極北を行く麻耶ミステリーの最高傑作 「犯人は〇〇だよ」。 クラスメイトの鈴木太郎の情報は絶対に正しい。 やつは神様なのだから。 神様の残酷なご託宣を覆すべく、久遠小探偵団は事件の調査に乗り出すが……。 衝撃的な展開と後味の悪さでミステリー界...
柳沢 高志(著) | 2021-12-13 | ★4.5 (314)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:歴史・地理] [gen:社会・政治]
¥1599
16pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1583 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1082位(直近30日)
改革を目指した「政界一の喧嘩屋」はなぜ総理の座を追われたのか――。 安倍・麻生との確執から、河野・小泉との本当の関係まで、 担当記者だからこそ書ける菅義偉の実像。 「歴代総理の中で、菅ほど、その実像が伝わらなかった宰相はいなかったかもしれない。一体、どこで何を誤ったのか。この6年...
山本 文緒(著) | 2021-09-13 | ★4.5 (147)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1400
14pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1386 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1082位(直近30日)
日常の風景が一転! 思わず二度読み! 痛くて、切なくて、引きずり込まれる、6つの物語が照らしだす光と闇。 島清恋愛文学賞受賞、中央公論文芸賞受賞、本屋大賞ノミネート『自転しながら公転する』の山本文緒最新作! 伝説の直木賞受賞作『プラナリア』に匹敵るす吸引力。これぞ短編の醍醐味! ...
アンネ・フランク(著), 深町眞理子(翻訳) | 2014-06-27 | ★4.5 (327)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:歴史・地理] [gen:社会・政治]
¥947
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥938 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1084位(直近30日)
「アンネは、死んでも私たちの心の中に生き続けているのです。そして、世界の歴史を変える存在になりました」(池上彰『世界を変えた10冊の本』より) ユダヤ系ドイツ人の少女アンネが、ナチスの「ユダヤ人狩り」から逃れるため家族と共に二年間潜んだアムステルダムの“隠れ家”。彼女はそこで、架...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2012-12-21 | 全2巻の1冊目 | ★4 (93)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥744
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥730 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1085位(直近30日)
米国ミステリ界の先頭を走り続けるジェフリー・ディーヴァーの代表作〈リンカーン・ライム〉シリーズ第1作。謎また謎が全編に横溢するジェットコースター・サスペンス。1999年ネロ・ウルフ賞受賞。1999年週刊文春ミステリーベスト10第1位。このミステリーがすごい!ベスト・オブ・ベスト(...
森川 潤(著) | 2021-09-17 | ★4.4 (386)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:科学・テクノロジー]
¥1000
48pt (5%)
実質価格/割引率 ¥952 (5%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1088位(直近30日)
時代の転換点は、すでに静かにやってきている――。 ESG投資、電気自動車、次世代原発、代替肉、植物性ミルク、洋上風力発電、太陽光発電……。 日本人の知らない気候変動経済のすべてがわかる、全ビジネスパーソン必読の決定版! 2020年10月7日、かつて全世界の企業でもトップを誇ってき...
朝井 リョウ(著) | 2020-05-08 | ★4.5 (216)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥730
41pt (6%)
実質価格/割引率 ¥689 (6%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1088位(直近30日)
読んで得るもの特にナシ! 500枚超の楽しいことだけ詰まった大ボリュームエッセイ集。 対決!レンタル彼氏/ポンコツ!会社員日記/冒険!朝井家、ハワイへ/諦観!衣服と私 失態!初ホームステイ/本気!税理士の結婚式で余興/阿鼻叫喚!痔瘻手術、その全貌等 ・ダヴィンチBOOK OF T...
中野 京子(著) | 2020-05-08 | ★4.5 (65)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1088位(直近30日)
この絵は、イエスの生涯の「いつ」のこと? 『怖い絵』で人気の著者がキリストの生涯を描いた絵画43点をオールカラーで解説しつつ、その生涯を追う。読んで、見て楽しい一冊。 〈イエス・キリストのおおまかな生涯を知った上で西洋名画を楽しみたい――そう願う人のための、これは手引書を目指した...
三浦 しをん(著) | 2012-09-20 | 全3巻の1冊目 | ★4.3 (473)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥612
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥600 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1094位(直近30日)
「ここも一応、東京なんだがな」と言われてしまう“まほろ市”は、東京のはずれの大きな町だ。まほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこんだ。高校時代、教室でただ1回しか口を開かなかった、ひょろ長い変人だ。ペットあずかりに子どもの塾の送迎、納屋の...
吉田 修一(著) | 2012-09-20 | ★4 (84)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥540 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1094位(直近30日)
新宿でオカマの「閻魔(えんま)ちゃん」と同棲する「ぼく」。友だちのオカマがホモ狩りにあって殺された事件を契機に、気楽なモラトリアム生活がうまくいかなくなってしまう。家族との関係、元彼女との再会、閻魔ちゃんとの生活……自分がどうしたいのかわからないまま、ビデオ日記を見返してゆく。そ...
司馬遼太郎(著) | 2017-04-21 | ★4.5 (413)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥570
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥560 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1095位(直近30日)
ペリー来航以来、開国か攘夷か、佐幕か倒幕かをめぐって、朝野は最悪の政治的混乱に陥ってゆく。 文久二年、将軍後見職として華々しく政界に登場した、のちの十五代将軍徳川慶喜は、優れた行動力と明晰な頭脳をもって、敵味方から恐れと期待を一身に受けながら、抗しがたい時勢にみずから幕府を葬り去...
中山 七里(著) | 2020-02-05 | ★4 (487)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥770
52pt (7%)
実質価格/割引率 ¥718 (7%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1097位(直近30日)
死刑判決を免れた殺人犯の家族が次々と殺されていく――。 驚愕の結末待ち受ける社会派ミステリ! 死刑判決を免れた殺人犯たちの家族が犠牲となる連続殺人事件が発生。 殺害現場に残されていたのは、ギリシャ神話に登場する「義憤」の女神“ネメシス”の血文字。 『テミスの剣』の渡瀬刑事が謎を追...
大森 洋平(著) | 2018-02-09 | ★4 (93)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥672
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥665 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1097位(直近30日)
これ一冊で、あなたも立派な時代考証通! NHK番組の時代考証を手がける著者が、身内の恥をかえりみずに指摘する「間違いだらけの歴史常識」。 NHKのドラマ、ドキュメンタリー番組で時代考証を担当する大森洋平氏(NHK職員)が書きためた「考証メモ」の集大成。 番組での誤用例やエピソード...
村上春樹(著) | 2015-11-21 | ★4 (85)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥560
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥550 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1097位(直近30日)
「小説って、こんな風に面白く読めるんだ!」。村上春樹が小説家としての視点から、自らの創作の秘訣も明かしつつ、吉行淳之介、安岡章太郎、丸谷才一といった戦後の日本を代表する作家六人の短編小説を読み解いた“私的な読書案内”。
司馬遼太郎(著) | 2016-01-01 | ★4.4 (409)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥5500
100pt (2%)
実質価格/割引率 ¥5400 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1100位(直近30日)
明治維新をとげ、近代国家の仲間入りをした日本は、息せき切って先進国に追いつこうとしていた。この時期を生きた四国松山出身の三人の男達―日露戦争においてコサック騎兵を破った秋山好古、日本海海戦の参謀秋山真之兄弟と文学の世界に巨大な足跡を遺した正岡子規を中心に、昂揚の時代・明治の群像を...
宮崎 駿(著) | 2013-08-09 | ★4.5 (132)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:社会・政治]
¥622
36pt (6%)
実質価格/割引率 ¥586 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1100位(直近30日)
オリジナル文庫と電子書籍同時発売! 悪ガキたちの昭和史から、映画『風立ちぬ』、日本の明日まで。 世界の「宮崎駿」と昭和の語り部「半藤一利」がニッポンを語る! 半藤「ヨーシ、こうなったらうんと長生きして、やっぱりもう一作、宮崎さん、待とうじゃないの」 宮崎「いやいや、それはちょっと...
柳澤 健(著) | 2020-03-10 | ★4 (57)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1000
24pt (2%)
実質価格/割引率 ¥976 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1100位(直近30日)
単行本刊行時に賞賛と非難の十字砲火を浴びた「UWF本の発火点」。 「プロレスから格闘技へ」の過渡期を描く傑作ノンフィクション! 1984年、UWF誕生。新日本プロレスへの復讐のために誕生した団体は 元タイガーマスク・佐山聡の大胆な構想のもとプロレスから逸脱していく。 若者はUWF...
道尾 秀介(著) | 2012-09-20 | ★4 (137)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥652
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥640 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1101位(直近30日)
大学生・秋内の目の前で、幼い友人・陽介はトラックに轢かれた。いきなり走り出した愛犬のリードに引きずられての、無惨な事故。陽介は助教授のひとり息子だった。あの時、犬はなぜいきなり走り出したのだろう? 居合わせた同級生たちは関係があるのか…現場で感じた違和感が忘れられない秋内は、動物...
五味川 純平(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (19)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:歴史・地理]
¥715
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥708 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1101位(直近30日)
御前会議──天皇の前で開かれるため最高の権威をもつ。が、その天皇は一切の責任の外にあった。昭和十六年、四回の御前会議の結果、日本は勝算なき太平洋戦争に突入した。この会議の経緯を詳細に辿り直し、改めて御前会議のもつ奇怪な本質を抉る迫真のドキュメントが本書である。陸軍と海軍の権力抗争...
村田 沙耶香(著) | 2022-06-08 | ★4.1 (109)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1300
13pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1287 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1103位(直近30日)
世界中の読者を熱狂させる、村田沙耶香の最新短篇&エッセイ 「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」 好きな言葉は「原価いくら?」で、 現実こそが正しいのだと、強く信じている永岡。 同級生から、カルト商法を始めようと誘われた彼女は――。 信じることの危うさと切実さに痺れる8篇...
柚木 麻子(著) | 2022-04-08 | ★4 (28)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
81pt (5%)
実質価格/割引率 ¥1419 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1104位(直近30日)
分かるし、刺さるし、救われる――自由になれる7つの物語。 編集者にダメ出しをされ続ける新人作家、 女性専用車両に乗り込んでしまったびっくりするほど老けた四十五歳男性、 男たちの意地悪にさらされないために美容整形をしようとする十九歳女性……などなど、 なぜか微妙に社会と歯車の噛み合...
スティーヴン・キング(著), 永井 淳(翻訳) | 2020-06-09 | 全2巻の1冊目 | ★4.2 (69)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
24pt (2%)
実質価格/割引率 ¥976 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1105位(直近30日)
モダン・ホラーを生み出したスティーヴン・キングのデビュー第2作。 恐怖の帝王のすべてはここから始まった。伝説の名作が装いを新たに復活! 「友達にも恋人にもならない。死と恐怖の王たる吸血鬼。その偉大なる碑」――小野不由美 荒れ果てた屋敷が丘の頂から見下ろす町、セイラムズ・ロット。そ...
心音 ゆるり・原作(著), 伊咲 ウタ・漫画(イラスト) | 2022-04-20 | 全2巻の2冊目 | ★4.6 (312)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥780
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥772 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1105位(直近30日)
「小説家になろう」の人気作『俺、勇者じゃないですから。~VR世界の頂点に君臨せし男。転生し、レベル1の無職からリスタートする~』のコミカライズ第2巻。 VR(ヴァーチャルリアリティ)MMOゲーム「テンペスト」のトッププレイヤーが転生したのはさっきまでプレイしていたゲームの中。俺T...
山田詠美(著) | 2015-06-05 | ★4.2 (434)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥499
54pt (11%)
実質価格/割引率 ¥445 (11%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1108位(直近30日)
不朽の青春小説が今再び! 勉強はできないが女にはモテる――高校生・時田秀美に女は皆ときめき、男は皆あこがれた。著者書き下ろしメッセージも収録。
桜庭 一樹(著) | 2012-09-20 | ★4 (334)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥734
41pt (6%)
実質価格/割引率 ¥693 (6%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1108位(直近30日)
私は腐野花(くさりの・はな)。着慣れない安いスーツを身に纏ってもどこか優雅で惨めで、落ちぶれた貴族のようなこの男の名は淳悟(じゅんご)。私の男、そして私の養父だ。突然、孤児となった十歳の私を、二十五歳の淳悟が引き取り、海のみえる小さな街で私たちは親子となった。物語は、アルバムを逆...
岩井 俊二(著) | 2019-09-03 | ★4 (136)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥672
31pt (5%)
実質価格/割引率 ¥641 (5%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1108位(直近30日)
「Love Letter」から24年――映画「ラストレター」原作小説。 「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」 「君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?」亡くなった姉の未咲の代わりに同窓会に出た裕里は、初恋相手の鏡史郎と再会し、姉のふりをして文通を始める。 手...
今野 敏(著), 誉田 哲也(著), 堂場 瞬一(著), 大門 剛明(著), 長岡 弘樹(著), 沢村 鐵(著), 鳴神 響一(著) | 2022-06-07 | ★4 (49)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1108位(直近30日)
人気作家7人が描く、警察小説アンソロジー!! 刑事、公安、交番、警察犬……。あの人気シリーズのスピンオフ、文庫オリジナル最新作まで。7人の人気作家が描く警察小説の最前線。
向田 邦子(著) | 2012-09-20 | ★4.4 (373)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥519
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥510 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
宴会帰りの父に叩き起こされて夢うつつに土産を食べる福助頭の弟、母に威張り散らす父の声、転校した初日に教室に向かう気持ち、来客の多かった我が家の忙しい正月、温かいおひつの上で泣き泣きやった学校の宿題、おやつに食べた懐かしい“ボールとウエハス”、銀座に出かける日のおめかし、途中までは...
冲方 丁(著) | 2018-10-06 | ★3.5 (119)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
15pt (2%)
実質価格/割引率 ¥800 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
2019年1月に衝撃の映画化! 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「集団安楽死」をすること。 決を取り、全員一致でそれは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるのか? 「実行」を阻む問題に、十二人は議論を重ねて...
恩田 陸(著) | 2015-11-13 | 全2巻の1冊目 | ★4 (61)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥682
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥670 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
恩田ワールド全開のスペクタクル巨編! 国家権力の及ばぬ〈途鎖国〉。特殊能力を持つ在色者たちがこの地の山深く集うとき、創造と破壊、歓喜と惨劇の幕が切って落とされる!
柳澤 健(著) | 2014-04-11 | ★4.5 (54)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:趣味・実用] [gen:社会・政治]
¥652
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥640 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
1985年8月28日、大阪城ホール。全日本女子プロレス興行。会場は10代の少女で埋め尽くされた。彼女たちの祈るような瞳がリングに注がれる。クラッシュ・ギャルズは私たちの苦しみを背負って闘っている、クラッシュ・ギャルズのようにもっと強く、もっと自由になりたい――。長与千種とライオネ...
恩田 陸(著) | 2020-01-04 | ★4 (40)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥700
38pt (5%)
実質価格/割引率 ¥662 (5%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
「僕はこの終わらない夜を生きていくしかないんだ」 残酷なのに柔らかで美しい。至高のアクションホラー! 作条痕のない窒息死体が連続で見つかった。 この殺人事件に、あの男は関与しているのか。 のちに何件もの大規模テロ事件を起こし、特殊能力を持つ「在色者」たちが派遣を争う「途鎖国」で、...
柊 あおい(著), 近藤 喜文(著), 宮崎 駿(著) | 2018-12-04 | ★4.5 (18)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥958 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
読書好きの中学三年生・月島雫は図書館で自分が借りる本の貸出カードに、いつも「天沢聖司」の名前があることに気付く。やがて雫は同学年の「第一印象最悪」の少年が天沢聖司であることを知るが、夢に向かってまっすぐ歩む聖司に次第に惹かれていく――爽やかな感動に包まれる青春アニメがオリジナル編...
ピエール・ルメートル(著), 橘明美(翻訳) | 2015-10-09 | 全2巻の1冊目 | ★4 (245)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥897
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥880 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1110位(直近30日)
週刊文春ミステリーベスト10 2015年海外部門 1位! コニャック・ミステリ大賞など4つのミステリ賞を受賞! 異様な手口で惨殺された二人の女。カミーユ・ヴェルーヴェン警部は部下たちと捜査を開始するが、やがて第二の事件が発生。カミーユは事件の恐るべき共通点を発見する……。ベストセ...
窪 美澄(著) | 2022-05-24 | ★4.1 (232)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
108pt (7%)
実質価格/割引率 ¥1392 (7%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1112位(直近30日)
かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。 コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早世した双子の妹の彼氏との交流を通して、人が人と別れることの哀しみを描く「真夜中のアボカド」。学校でいじめを受...
桐野 夏生(著) | 2019-11-15 | 全2巻の1冊目 | ★4 (130)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥750
40pt (5%)
実質価格/割引率 ¥710 (5%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1112位(直近30日)
光り輝く、夜のあたしを見てくれ! 女たちの孤独な闘いを描いた最高傑作。 名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。 「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」 悪魔的な美貌を持つニンフォマニアのユリコ、競争心をむき出しにし、孤立する途中入学組の和恵。 ユリコの姉である“わたし”は...
湊 かなえ(著) | 2020-05-15 | ★4.1 (315)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥730
41pt (6%)
実質価格/割引率 ¥689 (6%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1117位(直近30日)
驚きのラストが胸を打つ、感動のミステリー。 両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花。 建設会社で働いていたが、伯父夫婦のすすめで営業職の和弥と結婚した美雪。 公民館で水彩画教室の講師をしつつ、和菓子屋でバイト...
永井路子(著) | 2014-10-03 | ★4.3 (262)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥682
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥670 (2%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1117位(直近30日)
京の権力を前に圧迫され続けてきた東国に、ひとつの灯がともった。源頼朝の挙兵に始まる歴史のうねりは、またたくうちに関東の野をおおいはじめた。鎌倉幕府の成立、武士と呼ばれる者たちの台頭――その裏には、彼らの死にもの狂いの情熱と野望が激しく燃えさかっていた。鎌倉武士たちの生きざまを見事...
新田 次郎(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (168)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥754
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥740 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1117位(直近30日)
日露戦争直後、人跡未踏といわれ、登ってはいけない神の山と恐れられた北アルプス、劒岳(つるぎだけ)。正確な地図をつくるため、この山頂に「三角点を埋設せよ」との至上命令を受けた測量官、柴崎芳太郎。たいへんな悪路と悪天候、かさばる器材の運搬、地元の反感などの困難と闘いながら、柴崎の一行...
リディア・ケイン(著), ネイト・ピーダーセン(著), 福井 久美子(翻訳) | 2019-04-18 | ★4.5 (122)
[pub:文藝春秋] [gen:医学・薬学] [gen:歴史・地理] [gen:科学・テクノロジー]
¥1935
35pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1900 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1117位(直近30日)
◆先生、本当にこれで治るんですか?◆ 生まれる時代が違ったら、あなたも受けていたかもしれない――。 科学を知らない人類が試みた、ぞっとする医療の数々! ・リンカーン……水銀入りの頭痛薬を服用、重金属中毒になって症状はさらに悪化 ・ダーウィン……強壮剤としてヒ素を飲み続け、肌が浅黒...
姫野 カオルコ(著) | 2021-04-06 | ★4.1 (406)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥950
50pt (5%)
実質価格/割引率 ¥900 (5%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1119位(直近30日)
2019年に上野千鶴子さんの東大入学祝辞や様々な媒体で取り上げられた話題作が文庫で登場! 私は東大生の将来をダメにした勘違い女なの? 深夜のマンションで起こった東大生5人による強制わいせつ事件。非難されたのはなぜか被害者の女子大生だった。 現実に起こった事件に着想を得た衝撃の「非...
司馬 遼太郎(著) | 2020-04-06 | ★4.5 (327)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1400
14pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1386 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1119位(直近30日)
司馬遼太郎による国民的ベストセラー、映像化に合わせて待望の新装版刊行。 俺は今日から武士になる――。 佐幕派と倒幕派が対立する幕末の激動期。 武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田総司らとともに、 幕府徴募の浪士組にまじって、京へ向かう。 京都守護職御預の名のもと、「新...
夢枕 獏(著) | 2021-10-06 | ★4.5 (207)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥740
36pt (5%)
実質価格/割引率 ¥704 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1119位(直近30日)
晴明と博雅、儚いこの世を楽しまん! 安倍晴明と源博雅が平安の悲喜こもごもに奔走する12篇。 少納言・坂上彦麻呂は、夜な夜な怖ろしげな美女から手に噛みつかれる夢を見る。 目覚めると実際に赤い傷が―蘆屋道満が活躍する「にぎにぎ少納言」、 虫めづる露子姫が登場する「塔」、 そして今日も...
みうらじゅん(著) | 2016-06-17 | ★4 (84)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥763
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥724 (5%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1119位(直近30日)
初めてコンドームを買ってじっくり観察したあの日、大量のエロ本を抱えたまま交通事故に遭った恐怖、70万円もするラブドールを購入して居酒屋に同伴……。“人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた”のフレーズでおなじみ、グッときてプッと笑える「週刊文春」の人気連載を文庫化。 「男ってバ...
オノ・ナツメ(著) | 2018-11-16 | ★4.5 (61)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥866
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥857 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1119位(直近30日)
ひとりで食べても、だれかと食べてもーー。 「食べる」ことから、やさしいドラマが生まれる。 実家のロールキャベツの味、初めてはんぺん入りおでんを作った日、 願いと共に齧り付いた恵方巻、結婚を決めたチャーハンの店、 小さいころから数えきれないほど食べたカレー……。 どこかでだれかも食...
司馬遼太郎(著) | 2016-01-01 | 全8巻の1冊目 | ★4.5 (451)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥700 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1121位(直近30日)
維新で賊軍とされた伊予・松山に、三人の若者がいた。貧乏士族の長男で風呂焚きまでした信さん(後の秋山好古)、弟で札付きのガキ大将の淳さん(真之)、その竹馬の友で怖がりの升さん(正岡子規)である。三人はやがて、固陋なる故郷を離れ、学問・天下を目指して東京に向かう。しかし、誰が彼らの将...
重松 清(著) | 2012-09-20 | ★4.2 (877)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥652
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥640 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1123位(直近30日)
余命の告知を受けた妻と、新婚時代のアパートを訪ねる僕たち…「その日のまえに」。妻の最期を、二人の息子とともに見届ける「その日」。妻が亡くなった病院の看護師さんから、ある日、お目にかかりたい、と連絡がきた…「その日のあとで」。消えゆく命を前にして、いったい何ができるのだろうか──。...
春日 武彦(著) | 2012-09-20 | ★4 (19)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:医学・薬学] [gen:暮らし・健康・子育て] [gen:科学・テクノロジー]
¥495
5pt (1%)
実質価格/割引率 ¥490 (1%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1127位(直近30日)
動物園の熊舎に身を投げた主婦、「葬式代がない」とアパートの床下に妻の遺体を埋めた夫、4匹の愛犬をつれて鉄道自殺を図った男、幼児誘拐犯・女2人の“主人と奴隷”の関係、電動式自動遥拝器を作ってひたすら「供養」する男──世の中にはときどき、不幸や悲惨さを自分から選びとっているとしか思え...
横山秀夫(著) | 2016-04-01 | ★4 (451)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1406
106pt (8%)
実質価格/割引率 ¥1300 (8%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1129位(直近30日)
2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説。2015年のテレビドラマ化につづき、2016年に前編(5月7日公開)・後編(6月11日公開)として映画化! 大ヒット警察小説、待望の合本化! 昭和64年に起きたD...
橘 玲(著) | 2020-06-19 | ★4.0 (280)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:科学・テクノロジー]
¥880
53pt (6%)
実質価格/割引率 ¥827 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1129位(直近30日)
ベストセラー『言ってはいけいない』の著者が、男女のタブーに斬りこむ! 「週刊文春」の人気連載「臆病者のための楽しい人生100年計画」を新書化。 「女と男」は人類の最大の関心事ともいえる。この永遠のテーマが最新のサイエンスによって解明されつつある。野心的なタブーの挑戦のなかから、意...
佐々 淳行(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (90)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:社会・政治]
¥591
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥580 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1129位(直近30日)
動員された警察官のべ十二万人、集まった報道陣は六百人、負傷者二十七人、そして死者三人。テレビ中継の視聴率は、史上最高を記録。厳寒の軽井沢の山荘で、いったい何が起きているのか?人質、牟田泰子さんの生存は?警察官の発砲は許されるか?十日間にわたって繰り広げられた、戦後警察史上最悪の事...
大塚 康生(著) | 2013-05-31 | ★4.6 (102)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:社会・政治]
¥765
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥757 (1%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1132位(直近30日)
『ルパン三世』『未来少年コナン』など数々の傑作アニメを作り、高畑勲・宮崎駿が兄貴分として慕う職人的名アニメーターによる貴重な証言録。麻薬Gメンからアニメーターになった異色のキャリアから、『太陽の王子 ホルスの大冒険』等で高畑、宮崎らと過ごした熱き日々まで──日本アニメーションを黎...
堂場 瞬一(著) | 2022-03-08 | 全5巻の5冊目 | ★4.0 (159)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
69pt (8%)
実質価格/割引率 ¥811 (8%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1138位(直近30日)
謎の武器密売組織METOの魔の手が岩倉に迫る! サイバー犯罪対策課の福沢が殺された。事件の直前に衆人環視の中で福沢ともめた岩倉は容疑者扱いされ捜査本部からはずされてしまう。
ちきりん(著) | 2015-11-10 | ★4.5 (344)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥612
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥600 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1140位(直近30日)
2017/10 電子書籍版update!! ・ちきりん×柳川範之「人生は二回、生きられる?」トーク ライブ・レポート! ・ちきりん×安藤美冬「私たちの未来の働き方を考えよう」 刊行記念対談2本を特別収録 ■■■ 年金受給開始年齢の引き上げ、定年の延長など、...
はるな 檸檬(著) | 2021-09-22 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (100)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥950
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥940 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1140位(直近30日)
※電子版は本文がカラー付きになります。 ファッション業界に憧れて上京した新道開、妻と子どもと東京で3人で暮らしている。今でもガチのファッションオタクで、東京コレクションに通い、後輩のセレクトショップのバイヤーもしているが、テレビの電飾がメインの仕事。ある日、熱くてものづくりに真摯...
乾 くるみ(著) | 2012-09-20 | ★4 (152)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
15pt (2%)
実質価格/割引率 ¥800 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1143位(直近30日)
2018年1月11日(木)から 読売テレビ・日本テレビ系でドラマ放送スタート。貫地谷しほり、本郷奏多、ゴリ(ガレッジセール)、六角精児さんなど豪華キャスト集結! もし、現在の記憶を持ったまま十ヵ月前の自分に戻れるとしたら? ある日突然の電話で持ちかけられた、夢のような「リピート」...
長嶋 有(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (104)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥448
8pt (2%)
実質価格/割引率 ¥440 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1146位(直近30日)
「私、結婚するかもしれないから」「すごいね」。小6の慎は、結婚をほのめかす母をクールに見つめ、母の恋人らしき男ともうまくやっていく。現実に立ち向う母を子どもの皮膚感覚であざやかに描いた芥川賞受賞作に加え、大胆でかっこいい父の愛人・洋子さんと小4の薫の奇妙な夏の日々を爽やかに綴った...
角田 光代(著) | 2012-09-20 | ★4 (744)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥612
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥600 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1148位(直近30日)
いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかにいける、と思っていたのに……結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、たっ...
丸山正樹(著) | 2015-09-18 | ★4.5 (205)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
47pt (7%)
実質価格/割引率 ¥666 (7%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1148位(直近30日)
今度は私があなたたちの“言葉”をおぼえる 荒井尚人は生活のため手話通訳士に。あるろう者の法廷通訳を引き受け、過去の事件に対峙することに。感動の社会派ミステリー。
司馬遼太郎(著) | 2014-12-12 | ★4 (143)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥622
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥610 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1148位(直近30日)
幕末の混迷期、なすすべを知らない三百諸侯のなかで、自らの才質をたのみ、また世間の期待を集めた賢侯たちがいた。土佐の山内容堂、薩摩の島津久光、伊予宇和島の伊達宗城、肥前の鍋島閑叟。「藩主なるがゆえに歴史の風当りをもっともはげしく受け、それを受けることによって痛烈な喜劇を演じさせられ...
リチャード・ワイズマン(著), 木村博江(著) | 2015-11-13 | ★4 (38)
[pub:文藝春秋] [gen:科学・テクノロジー]
¥1629
29pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1600 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1148位(直近30日)
「眠れない夜のために」この一冊を! 睡眠を疎かにする人は人生に成功できない。自ら「不眠」に悩んだ著者が、人生をよりよくする「快眠」のコツを科学的に明らかにする。
川上未映子(著) | 2014-09-26 | ★3.5 (354)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥438
8pt (2%)
実質価格/割引率 ¥430 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
2008年の第138回芥川賞受賞作! 娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取りつかれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連ねる。夏の三日間に展開される哀切なドラマは、身体と言葉の狂おしい交錯としての表現を極める...
伊岡 瞬(著) | 2020-11-10 | ★4 (239)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
32pt (4%)
実質価格/割引率 ¥848 (4%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
男が電車に飛び込んだ。現場検証を担当した鑑識係・工藤は、同僚の拳銃を奪い自らを撃った。電車の運転士も自殺。そして、拳銃を奪われた警察官も飛び降りる。工藤の親友の刑事・永瀬遼が事件の真相を追う中、大手製薬会社に脅迫状が届く。「赤い砂を償え」――自殺はなぜ連鎖するのか? 現代(いま)...
中野 信子(著) | 2018-07-20 | ★4 (227)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:科学・テクノロジー]
¥897
38pt (4%)
実質価格/割引率 ¥859 (4%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
不倫は危険です。ひとたびバレれば、容赦なくマスコミやネットでバッシングされます。有名人でなくても、社会的信用や家庭を失い、慰謝料など経済的なリスクも多大です。しかし、失うものが大きいとわかっているはずなのに、なぜ多くの不倫カップルがいるのでしょう? 近年の脳科学の劇的な進歩によっ...
文藝春秋(編集) | 2021-11-29 | ★5 (60)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:スポーツ・アウトドア]
¥1300
13pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1287 (1%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
完全保存版 松坂大輔 1998-2021 [巻頭スペシャル] イチロー、松坂大輔を語る。 ■伝説の誕生 甲子園1998■ [独占インタビュー] “怪物”の原点 [ノーヒットノーランの真相] 奇跡の決勝は“あの一球”から [PL学園vs.横浜] 死闘を呼び込んだ怪物攻略大作戦 [ベ...
辻村深月(著), 万城目学(著), 湊かなえ(著), 米澤穂信(著) | 2015-06-19 | ★3.5 (46)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥499
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥490 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信――。 綺羅、星のごとく輝く人気作家たちによる、“時”をテーマにしたアンソロジー。 小学校時代に埋めたタイムカプセルがほどくこじれた関係、配置換えになった「縁結び」の神様の新たな仕事、人類には想像もつかない悠久なる物語……。 “時間”が築いた...
光原 百合(著) | 2012-12-14 | ★4.5 (13)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥649
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥640 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1150位(直近30日)
古い井戸から溢れだす水は≪雁木亭≫前の小路を水路に変え、月光に照らされ小舟が漕ぎ来る。この町に戻れなかった魂は懐かしき町と人を巡り夜明けに浄土へ旅立つ(「帰去来の井戸」)。瀬戸の海と山に囲まれた町でおこる小さな奇跡。著者の故郷・尾道をモデルとし、柔らかな方言や日本の情景に心温まる...
馳 星周(著) | 2020-05-15 | ★4.4 (1509)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1599
16pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1583 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1153位(直近30日)
【第163回直木賞 受賞作】  傷つき、悩み、惑う人びとに寄り添っていたのは、一匹の犬だった――。 犬を愛するすべての人に捧げる感涙作! 2011年秋、仙台。震災で職を失った和正は、認知症の母とその母を介護する姉の生活を支えようと、犯罪まがいの仕事をしていた。 ある日和...
辺見 じゅん(著) | 2020-09-11 | ★4.5 (163)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥680
39pt (6%)
実質価格/割引率 ¥641 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1153位(直近30日)
戦後12年目にシベリア帰還者から遺族に届いた6通の遺書。その背後に驚くべき事実が隠されていた! 大宅賞と講談社ノンフィクション賞のダブル受賞に輝いた感動の書。 敗戦から12年目に遺族が手にした6通の遺書。ソ連軍に捕らわれ、極寒と飢餓と重労働のシベリア抑留中に死んだ男のその遺書は、...
ピエール・ルメートル(著), 橘明美(翻訳) | 2016-10-07 | ★4.5 (137)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥897
28pt (3%)
実質価格/割引率 ¥869 (3%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1153位(直近30日)
週刊文春ミステリーベスト10 2016 海外部門1位! カミーユ警部の恋人が強盗に襲われ、瀕死の重傷を負った。一命をとりとめた彼女を執拗に狙う犯人。もう二度と愛する者を失いたくない。カミーユは彼女との関係を隠し、残忍な強盗の正体を追う。『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』の三...
ピエール・ルメートル(著), 吉田恒雄(翻訳) | 2015-04-10 | ★4 (76)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥784
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥770 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1153位(直近30日)
『その女アレックス』の原点となる恐怖のイヤミス 狂気に駆られて逃亡するソフィー。聡明だった彼女はなぜ全てを失ったのか。悪夢の果てに明らかになる戦慄の悪意とは。驚愕の傑作。
村上 春樹(著) | 2020-04-23 | ★4.1 (709)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1200
30pt (3%)
実質価格/割引率 ¥1170 (3%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある ある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた―――村上文学のあるルーツ
瀬尾 まいこ(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (390)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥641
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥630 (2%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
メニューはチャーハン、ラーメンに八宝菜。大阪の超庶民的中華料理店、戸村飯店の二人息子は、要領も見た目もいいクールな兄・ヘイスケと、ボケがうまく単純な弟・コウスケ。兄弟とはうまくいかぬもの、弟が恋する同級生は兄に夢中だし、兄は長男のくせに店を継ぐ気配も見せないまま、東京の専門学校に...
池上 彰(著) | 2014-03-14 | ★4 (353)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥560
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥550 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
何かと話題の『アンネの日記』、『コーラン』『種の起源』、ケインズ、フリードマンの経済書まで。 『聖書』の基礎を知ることで見えてくる歴史の流れとは? 革命の原動力となった『資本論』の論理とは? 世界に大きな影響を与えた10冊の本を池上さんが厳選、その内容をわかりやすく紹介するととも...
藤崎 彩織(著) | 2020-09-02 | ★4.5 (289)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥750
37pt (5%)
実質価格/割引率 ¥713 (5%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
「お前の居場所は、俺が作るから。泣くな」 ピアノだけが友達の孤独な少女の夏子は、異彩の少年・月島と出会い、振り回され、傷付きながらもその側にいようとする。 やがて月島は唐突に「バンドをやる」と言い出した。 彼は、夏子の人生の破壊者でも創造者でもあった。 大切な人を大切にすることが...
有栖川 有栖(著) | 2022-01-11 | 全3巻の3冊目 | ★4.4 (158)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1800
18pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1782 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
「臨床犯罪学者 火村英生シリーズ」誕生から30年! 最新長編は、圧倒的にエモーショナルな本格ミステリ。 一見ありふれた殺人事件のはずだった。火村の登場で、この物語は「ファンタジー」となる。 大阪の場末のマンションの一室で、男が鈍器で殴り殺された。金銭の貸し借りや異性関係のトラブル...
絲山秋子(著) | 2014-01-10 | ★4 (136)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥503
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥497 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
第134回芥川賞受賞作。待望の電子化! 仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そう思っていた同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすため、私は太っちゃんの部屋にしのびこむ。仕事を通して結ばれた男女の信頼と友情を描く芥川賞受賞作。待望の電子化。「勤労感謝の日」「みなみの...
菅野 朋子(著) | 2022-01-20 | ★4 (25)
[pub:文藝春秋] [gen:エンターテイメント] [gen:社会・政治]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
近年、韓国発のエンターテインメントの世界的な活躍のニュースは毎日のように目に入ってきます。7人組ボーイズグループBTSの国連でのスピーチやパフォーマンス、Netflixドラマ『イカゲーム』や『愛の不時着』の世界的ヒット。髪型やファッションをK-POPアーティストに寄せることも今で...
天祢 涼(著) | 2022-02-21 | ★4 (11)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1800
78pt (4%)
実質価格/割引率 ¥1722 (4%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1155位(直近30日)
あなたのお父さんは、殺人犯なの――? ネグレクト、貧困、そしてコロナが少女たちを追い詰める。 タイトルの真の意味がわかると、きっと胸が熱くなる。 現代社会の闇に迫る切ない社会派ミステリー 小学五年生の咲陽は、「父親が仕事で帰ってこない」という同級生の小夜子を心配して家に連れ帰る。...
つづ井(著) | 2020-05-08 | ★4.8 (434)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥950
27pt (3%)
実質価格/割引率 ¥923 (3%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
web発、シリーズ累計50万部突破! すべての「凝り性」の人、必読の大人気コミックエッセイ、待望の文庫化。 「腐女子」とはボーイズラブを好むオタク女子を指す言葉。そんな「腐女子」を自認する女子大生つづ井さんと、愉快な仲間たちの、楽しさの限界突破の日常をつづった“絵日記”ともいえる...
中元 日芽香(著) | 2021-06-22 | ★4.5 (326)
[pub:文藝春秋] [gen:趣味・実用] [gen:文学・評論]
¥1300
13pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1287 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
乃木坂46に1期生として加入した中元日芽香さんは、「ひめたん」の愛称で多くのファンに愛された人気絶頂の中、アイドルとしての活動を停止します。 実はこの5年ほど前、アンダーメンバーの頃から、彼女には異変が起きていました。摂食障害(過食症)を経験したのです。選抜入りどころか、なかなか...
米原万里(著) | 2014-12-05 | ★4 (223)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥866
16pt (2%)
実質価格/割引率 ¥850 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
「ああ、私が10人いれば、すべての療法を試してみるのに」。2006年に逝った著者が、がんと闘いつつ力をふり絞って執筆した「私の読書日記」(週刊文春連載)に加え、1995年から2005年まで10年間の全書評を収録した最初で最後の書評集。ロシア語会議通訳、エッセイスト、作家として56...
原田マハ(著) | 2016-11-11 | ★4 (171)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥662
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥650 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
この著者にしか描けない、沖縄と美術の物語! 終戦後の沖縄。米軍の若き軍医・エドワードはある日、沖縄の画家たちが暮らす集落――ニシムイ美術村に行きつく。 警戒心を抱く画家たちだったが、自らもアートを愛するエドは、言葉、文化、何よりも立場の壁を越え、彼らと交流を深める。 だがそんな美...
上野 正彦(著) | 2012-09-20 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (157)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:医学・薬学] [gen:科学・テクノロジー]
¥540
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥530 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
偽装殺人、他殺を装った自殺、猟奇的殺人と見誤る奇妙な死体……。どんなに誤魔化そうとしても、もの言わぬ死体は、背後に潜む人間の憎しみや苦悩を雄弁に語りだす。法医学は死体と語り合い、死をとおして人間の生き方を考える学問である。浅沼稲次郎刺殺事件、日航機羽田沖墜落事故、三河島駅列車事故...
司馬遼太郎(著) | 2014-12-12 | ★4 (120)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥784
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥770 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
「歴史はときに、血を欲した。このましくないが、暗殺者も、その兇手に斃れた死骸も、ともにわれわれの歴史的遺産である。そういう眼で、幕末におこった暗殺事件を見なおしてみた」(「あとがき」より)。春の雪を血で染めた大老・井伊直弼襲撃から始まった幕末狂瀾の時代を、清河八郎、吉田東洋など十...
辻村 深月(著), 乾 くるみ(著), 米澤 穂信(著), 芦沢 央(著), 大山 誠一郎(著), 有栖川 有栖(著) | 2021-06-08 | ★3.5 (82)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
24pt (3%)
実質価格/割引率 ¥776 (3%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
人気作家6人の豪華すぎるアンソロジー! ミステリー界をリードする作家による、珠玉の「罠」。 好きな作家を指名買いの方も、新たなお気に入り作家を探す方も納得の一冊です。 「夫の余命」乾くるみ 「崖の下」米澤穂信 「投了図」芦沢央 「孤独な容疑者」大山誠一郎 「推理研VSパズル研」有...
坂本 敏夫(著) | 2012-09-20 | ★3.5 (68)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥622
30pt (5%)
実質価格/割引率 ¥592 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1157位(直近30日)
死刑囚といちばん長い時間を過ごすのは刑務官。起案書に何十もの印鑑が押され、最後に法務大臣が執行命令をくだすまで、死刑囚はどんな特別処遇を受けるのか? 遺族が呆れる極悪人の素顔とは? なぜ死刑執行は処刑の後に告知されるのか。死刑執行を担当する者の苦悩……劇画「死刑執行」(緒方りる・...
石井 妙子(著) | 2020-05-29 | ★4.5 (2086)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理] [gen:社会・政治]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・小池百合子。 女性初の都知事であり、次の総理候補との呼び声も高い。 しかし、われわれは、彼女のことをどれだけ知っているのだろうか。 「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代、キャスターから政治の道へーー 常に「風」を巻き起こしながら、権力...
安倍 晋三(著) | 2013-03-15 | ★4.5 (215)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥838
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥830 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
3年3ヵ月に及んだ民主党政権から、ふたたび自民党が政権与党に復帰しました。そして総理大臣の重責は安倍晋三氏が再び担うことになりました。戦後では吉田茂以来2人目、64年ぶりの総理の再登板です。長引くデフレからどう脱却するのか、緊張がつづく外交・安全保障問題にどう対処するのか。こうし...
恩田 陸(著) | 2017-01-20 | ★4 (131)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥641
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥630 (2%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
恩田陸にしか書けない、緊迫の舞台型ミステリー 舞台は、アパートの一室。 別々の道を歩むことが決まった男女が、最後の夜を徹し語り合う。 初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿――共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。 濃密な心理戦の果て、朝の光とともに...
早見 和真(著) | 2021-11-05 | ★4.5 (130)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1700
17pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1683 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
国民的人気を誇る若き官房長官。「彼が誰かの操り人形だとしたら?」そう感じた記者が、偽りの仮面に迫る 圧倒的な魅力で、官房長官に上り詰めた青年代議士と秘書。彼らに違和感を持った女性記者が、隠された過去を暴くため、取材を重ねる。
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2013-10-25 | 全2巻の2冊目 | ★4 (49)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥817
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥809 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
早変わり、脱出劇などの手法を駆使して次々に殺人を重ねていく“魔術師”。ライムたちはついに犯人の本名を突き止めるが、ショーの新たな演目はすでに幕を開けていた――。「これまでの作品のなかで最高の“どんでん返し度”を誇る」と著者が豪語する驚愕のラストとは? 2004年「このミス」第2位...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2013-10-25 | 全2巻の1冊目 | ★4 (36)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥806
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥792 (2%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
現代米国ミステリの最高峰、J・ディーヴァーの代表作「リンカーン・ライム」シリーズ第4弾! 中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物“ゴースト”は、自分の顔を知った密航者たちの抹殺を開始した。科学捜査の天才ライムが後...
高嶋 哲夫(著) | 2022-01-04 | ★4 (31)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
名著復活! サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞 その存在さえ知らなかった息子が瀕死の重傷。天才プログラマーの息子は、原発建設がらみのハイテク犯罪に巻き込まれていたのか? スーパーコンピュータの開発者・羽嶋は25年前に別れた恋人からの突然の電話で、自分にその存在さえ知らぬ息...
ユヴァル・ノア・ハラリ(著), カタリン・カリコ(著), 大野 和基・他(著) | 2022-03-18 | ★4 (27)
[pub:文藝春秋] [gen:医学・薬学] [gen:科学・テクノロジー]
¥880
70pt (8%)
実質価格/割引率 ¥810 (8%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1158位(直近30日)
2020年7月に刊行した『コロナ後の世界』の続編。 新型コロナ・パンデミックは2年を経ても収束しそうもない。 この感染症によって、私たち人類の未来はどのように変わっていくのか? 世界が誇る知性7人に聞いた。 第1章 デジタル独裁主義の悪夢を阻むには ユヴァル・ノア・ハラリ 第2章...
半藤 一利(著) | 2012-09-20 | ★4.2 (460)
[pub:文藝春秋] [gen:Kindle本]
¥744
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥730 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1161位(直近30日)
「絶対悪」が、背広をきてソファに座っている……著者が辻政信に初めて会った感慨である。師団によっては76%という絶望的な損耗率のノモンハン事件を扇動しながら、狂いもせず、戦後は国会議員となった男。この戦いを可能にしてしまったのは、いったい何だったのか?参謀本部作戦課と関東軍作戦課、...
吉田 修一(著) | 2012-09-20 | ★3.5 (148)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥469
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥460 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1161位(直近30日)
昼間の公園のベンチにひとりで座っていると、あなたは何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリアルに動きはじめる。『東京湾景』の吉田修一が、日比谷公園を舞台に...
車谷 長吉(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (139)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥560
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥550 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1161位(直近30日)
東京から流れつき、どこに行くあてもない「私」は日の当たらない蒸し暑いアパートの一室でモツを串に刺し続けた。向いの部屋に住む女の背中一面には、極楽の鳥、迦陵頻伽(カリョウビンガ)の刺青があった。ある日、女は私の部屋の戸を開けた。「うちを連れて逃げてッ」──。圧倒的なストーリーの巧み...
河野裕子(著), 永田和宏(著) | 2014-03-21 | ★4.5 (111)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:歴史・地理]
¥622
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥610 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1161位(直近30日)
乳癌で逝った妻、そのすべてを見届けた夫――2010年8月、乳癌のため64歳で亡くなった歌人の河野裕子さん。没後、歌集が異例の増刷を重ね、新聞でもたびたび特集が組まれるなどの反響が続いている。河野さんは夫の永田和宏さんと、出会いの頃から何百首もの相聞歌を作ってきた。大学での出会いか...
みうらじゅん(著) | 2017-10-06 | ★4 (20)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1019
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1009 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1161位(直近30日)
男は度胸、女は愛嬌、なんてキャッチフレーズは、いつの時代のものだろうか? 今ではすっかり男は煩悩、女は本能で生きている……。 少年時代のときめき、初めてできた恋人との甘酸っぱい思い出、キャバクラやSMバーの出来事、美術や映画のエロ目線考察などなど「人生の3分の2はいやらしいことを...
若松 英輔(著) | 2019-12-05 | ★4.3 (278)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
50pt (6%)
実質価格/割引率 ¥750 (6%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
もしあなたが今、このうえなく大切な何かを失って、 暗闇のなかにいるとしたら、この本をおすすめしたい――(解説・俵万智) 宮沢賢治、須賀敦子、神谷美恵子、リルケ、プラトン、小林英雄、ユングらの、 死者や哀しみや孤独について書かれた文章を読み解き、人間の絶望と癒しをそこに見出す26編...
村上 春樹(著) | 2018-04-10 | ★4 (185)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥957
63pt (7%)
実質価格/割引率 ¥894 (7%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
そこには特別な光があり、特別な風が吹いている――ボストンの小径とボールパーク、アイスランドの雄大な自然、「ノルウェイの森」を書いたギリシャの島々、フィンランドの不思議なバー、ラオスの早朝の僧侶たち、ポートランドの美食やトスカナのワイン、そして熊本の町と人びと――旅の魅力を書き尽く...
木下昌輝(著) | 2017-04-28 | ★4.5 (121)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥804
44pt (5%)
実質価格/割引率 ¥760 (5%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
五冠達成! 驚異の新人、衝撃のデビュー作 戦国時代の備前の国で宇喜多直家は権謀術策を縦横無尽に駆使し、成り上がっていった。 腐臭漂う、傑作ピカレスク歴史小説見参! 娘の嫁ぎ先を攻め滅ぼすことも厭わず、権謀術数を駆使して戦国時代を駆け抜けた戦国大名・宇喜多直家。 裏切りと策謀にまみ...
若竹 七海(著) | 2019-12-05 | 全6巻の6冊目 | ★4 (113)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥710
37pt (5%)
実質価格/割引率 ¥673 (5%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶。 NHKドラマ化で話題の人気シリーズ! ミステリ専門書店でアルバイトとしながら、〈白熊探偵社〉の調査員として働いている葉村晶に今日も事件の依頼が……。 「水沫(みなわ)隠れの日々」 終活で蔵書の処分を頼んできた女性のもう一つの依頼は、死んだ...
アジア・パシフィック・イニシアティブ編(著) | 2022-01-20 | ★4 (27)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥1200
44pt (4%)
実質価格/割引率 ¥1156 (4%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
今も影響を残す史上最長政権の功罪 アベノミクス、選挙での圧勝、戦後70年談話、さまざまなスキャンダル、憲法改正をめぐる騒動、TPP……。7年8カ月という例をみない長期政権の評価は、いまも定まっていない。この間、日本の政治をとりまく見方は「反安倍」か、さもなくば「親安倍」かに二分さ...
司馬 遼太郎(著) | 2013-06-21 | 全8巻の2冊目 | ★4.5 (235)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥700 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1163位(直近30日)
土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇蹟の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげる。総発行部数2500万部超! 司馬遼太郎の永遠のベストセラーが半世紀の時を経て、電子版で新たによみがえる! 第2巻/黒船の出現以...
立花 隆(著), 佐藤 優(著) | 2017-06-30 | ★4 (112)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1019
54pt (5%)
実質価格/割引率 ¥965 (5%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
「知の巨人」立花隆と「知の怪物」佐藤優が作り上げた空前絶後のブックリスト! まず「ブックリスト1」では、21世紀を生きるための教養書を、書斎の本棚からお互いが100冊選んだ。 「私は年齢は四十歳から五十歳ぐらいで、「教育」の現場に携わる人を思い浮かべて百冊リストを作りました。「教...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2014-10-30 | 全2巻の1冊目 | ★4 (89)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥804
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥790 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
ミステリ三冠達成(このミス1位、週刊文春ミステリー1位、日本冒険小説協会大賞〈海外部門〉)。これが現代アメリカミステリの最高到達点だ! “ウォッチメイカー”と名乗る殺人者あらわる。手口は残忍で、いずれの現場にもアンティークの時計が残されていた。やがて犯人が同じ時計を10個買ってい...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2018-12-04 | 全2巻の1冊目 | ★4 (73)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥797 (2%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
「このミステリーがすごい!」第一位の傑作 ボーン・コレクターの模倣犯か。毒の刺青で被害者を殺す殺人者がNYの地下で犯行を繰り返す。 現場では、科学捜査の天才リンカーン・ライムが解決したボーン・コレクター事件に関する書籍の切れ端が発見された。殺人者はあの連続殺人犯の手口とライムの捜...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2017-11-09 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (42)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥897
34pt (4%)
実質価格/割引率 ¥863 (4%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
バハマで反米活動家の男が殺害された。神業と言うべき超長距離狙撃による暗殺だった。直後、リンカーン・ライムのもとを地方検事補ローレルが訪ねてきた。その暗殺は米国政府諜報機関の仕業で、テロリストとして射殺された男は無実だったという─。非合法の暗殺事件を訴追すべく、ライムとサックスたち...
Number編集部(編集) | 2022-06-02 | ★4.5 (47)
[pub:文藝春秋] [gen:雑誌] [gen:スポーツ・アウトドア]
¥650
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥643 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
SPECIAL FEATURES 佐々木朗希 完全を超えろ。 [豪腕インタビュー] 佐々木朗希「ここからは僕にとっても未知の世界です」 [18歳の女房役の証言] 松川虎生「今季のベストボールと悔いの残る一球」 [指揮官が語る怪物起用術] 井口資仁「“完全降板”決断の真相」 [番記...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2014-10-30 | 全2巻の2冊目 | ★4 (31)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥804
44pt (5%)
実質価格/割引率 ¥760 (5%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
少女はその夜、何を見たのか――? 抜群の知能で追っ手を翻弄しながらダニエル・ペルの逃走は続く。彼の行動の謎を解明するため、キャサリン・ダンスはカルト集団の元ファミリー、そして一家惨殺事件のただひとりの生存者、次女テレサに接触を試みる。サスペンスフルな展開の末に訪れる驚愕の結末まで...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2015-11-13 | 全2巻の2冊目 | ★4 (31)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥770 (6%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1164位(直近30日)
人質はニューヨーク! リンカーン・ライム・シリーズ 電力を操作して殺人を繰り返す凶悪犯を追うリンカーン・ライム。だが天才犯罪者ウォッチメイカーの影が…人気シリーズ第9弾。
横山秀夫(著) | 2013-10-25 | ★4 (192)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥529
25pt (5%)
実質価格/割引率 ¥504 (5%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1167位(直近30日)
『64』で話題沸騰! 横山秀夫「D県警シリーズ」はここから始まった! 警察一家の要となる人事担当の二渡真治は、天下りポストに固執する大物OBの説得にあたる。にべなく撥ねつけられた二渡が周囲を探るうち、ある未解決事件が浮かび上がってきた……。「まったく新しい警察小説の誕生」と選考委...
文藝春秋(編集) | 2019-12-19 | ★4.5 (125)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:スポーツ・アウトドア]
¥2000
20pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1980 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1167位(直近30日)
永久保存版 イチローのすべて ORIX BLUEWAVE 1994-1996 イチローの誕生。 [ファーストインタビュー] 「打率3割9分でも凄いじゃないですか。まだハタチですよ」 [MLBへの視線] 「ボクがメジャーを好きな理由」 [ナンバーMVPインタビュー] 「僕は革命者だ...
濱 嘉之(著) | 2022-04-06 | 全4巻の4冊目 | ★4.2 (97)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
59pt (7%)
実質価格/割引率 ¥821 (7%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1167位(直近30日)
地方公務員への国際結婚斡旋にロシアンマフィアが絡んでいる――。 警視庁公安部の片野坂彰率いる精鋭チームがさらに調査すると、日本の防衛情報が盗まれている危機が判明。 世界中に散り情報収集するメンバーらにロシア-中国連合が牙を剥く。やがて片野坂は決戦の場を日本海に定め……。 大人気書...
藤沢 武夫(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (152)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:趣味・実用] [gen:科学・テクノロジー]
¥509
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥500 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1169位(直近30日)
ピラミッド型の会社組織にしない、自社独自の製品を作る、エキスパートを陽のあたる場所に出す、一企業の枠を超えて社会的責任を負う――戦後の混乱の中、天才技術者本田宗一郎とコンビを組み、経営を一手に引き受けて本田技研を世界的な企業にまで育て上げながらも、裏方に徹して表に出ることのなかっ...
吉村 昭(著) | 2018-07-27 | ★4.5 (107)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥652
36pt (6%)
実質価格/割引率 ¥616 (6%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1169位(直近30日)
太平洋戦争時、日本領土内で起こった劇的な出来事を発掘! 当事者に綿密な取材を行って書き上げられた衝撃の戦史小説 北海道の海辺の寒村に次々と流れ着く死体の群れ。沖合で潜水艦に撃沈された輸送船では、上陸用舟艇に載れたのは将校ばかりだった(「海の棺」) ソ連軍の侵攻にさらされた樺太の炭...
吉村昭(著) | 2015-06-12 | ★4 (78)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥601
36pt (6%)
実質価格/割引率 ¥565 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1169位(直近30日)
戦争の本質を直視し、曇りなき冷徹さで描かれた傑作! 大戦末期、関東軍による細菌兵器開発の陰に匿された、戦慄すべき事実とその開発者の人間像を描き、戦争の本質に迫った異色長篇小説。
橘 玲(著) | 2016-12-09 | ★4 (64)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥204
4pt (2%)
実質価格/割引率 ¥200 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1169位(直近30日)
「教育に税金を投じるのはムダ」「雇用対策の大変は無意味」「経済格差は知能格差だ」など、日本経済のタブーとされている8項目の現実に人気作家が迫った問題作。「月刊文藝春秋2016年10月号」掲載の記事を再構成して電子書籍化。
雲田 はるこ(著), 福田 里香(著) | 2018-10-30 | ★4 (40)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1169位(直近30日)
ふたりのエプロン男子が贈る、 ときめき満点のレシピ付きコミック! メガネに白髪がトレードマークの初老のお菓子研究家・R先生と、甘いものが大好きで大食漢の助手・Kくん。 撮影のためにお菓子を作ったり、新メニューを試作したり、時にはガーデンパーティにケータリングしたり、保育園へ大量の...
よしもとばなな(著) | 2016-01-29 | ★4 (142)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥529
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥520 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1171位(直近30日)
幸せってどういう感じなの? 人の心の中にはどれだけの宝が眠っているのだろうか——。時が流れても忘れ得ぬ、かけがえのない一瞬を鮮やかに描いた傑作短篇集
千早 茜(著) | 2021-05-07 | ★3.5 (32)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥690
38pt (6%)
実質価格/割引率 ¥652 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1175位(直近30日)
容姿や年齢、結婚、セックス、お金とプライド… 本音の見えづらい関心事を正しい姿という共通のモチーフで鮮やかに切り取る短編集。 不倫に悩む親友にわたしがしたこと(「温室の友情」)、 同じマンションに住む女に惹きつけられる男(「偽物のセックス」)、 残り少ない日を過ごす夫婦の姿(「幸...
松本 清張(著) | 2012-09-20 | ★4 (458)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥385
5pt (1%)
実質価格/割引率 ¥380 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1176位(直近30日)
ミステリ好きなら名前を知らぬ人がない名作です。舞台は昭和三十年代。福岡市香椎の岩だらけの海岸で寄り添う死体が見つかったのは、汚職事件渦中にある某省課長補佐と料亭の女中。青酸カリ入りのジュース瓶がのこされ、警察ではありふれた心中事件と考えた。しかし、何かがおかしい──と福岡の老警官...
吉村 萬壱(著) | 2019-04-26 | ★4.5 (30)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥544 (1%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1177位(直近30日)
ある日突然、世界のすべてが変わる。 蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間……地球規模で新たな「進化」が始まる。 小説界を震撼させた、芥川賞作家の驚異のデビュー作。 解説・椹木野衣
乾 くるみ(著) | 2012-09-20 | 全2巻の1冊目 | ★3.5 (924)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥631
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥620 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
2015年映画化決定! 主演 松田翔太、前田敦子、木村文乃/監督 堤幸彦 「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。僕がマユに出会ったのは、人数が足りないからと呼びだされた合コンの席。理系学生の僕と、歯科衛生士の彼女。夏の海へのドライブ。ややオクテで真面目な僕らは、やが...
星野 源(著) | 2015-10-09 | ★4.5 (707)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥631
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥620 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
俳優で音楽家、星野源はじめてのエッセイ集! 携帯電話の料金を払い忘れても、部屋が荒れ放題でも、人付き合いが苦手でも、誰にでも朝日は昇り、何があっても生活はつづいていく。ならば、そんな素晴らしくない日常を、つまらない生活をおもしろがろう! 音楽家で俳優の星野源、初めてのエッセイ集。...
内田 樹(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (541)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想]
¥605
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥599 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
構造主義という思想がどれほど難解とはいえ、それを構築した思想家たちだって「人間はどういうふうにものを考え、感じ、行動するのか」という問いに答えようとしていることに変わりはありません。ただ、その問いへの踏み込み方が、常人より強く、深い、というだけのことです。ですから、じっくり耳を傾...
辻村 深月(著) | 2021-06-09 | ★4 (387)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1800
18pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1782 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
大人になる途中で、私たちが取りこぼし、忘れてしまったものは、どうなるんだろう――。封じられた時間のなかに取り残されたあの子は、どこへ行ってしまったんだろう。 かつてカルトと批判された〈ミライの学校〉の敷地から発見された子どもの白骨死体。弁護士の法子は、遺体が自分の知る少女のもので...
柚月裕子(著) | 2019-11-07 | ★4.2 (368)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥700
38pt (5%)
実質価格/割引率 ¥662 (5%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
寄り添う事で、人の人生は変えられるのか―― 家庭裁判所調査官見習いの若者の奮闘を描く感動作! 家庭裁判所調査官として研修の間、九州の福森家裁に配属された望月大地。 そこでは窃盗を犯した少女、ストーカー事案で逮捕された高校生や親権を争う夫婦とその息子など、心を開かない相談者たちを相...
内田 樹(著) | 2020-02-27 | ★4 (270)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
「今さえよければ自分さえよければ、それでいい」 ――サル化が急速に進む社会でどう生きるか? ポピュリズム、敗戦の否認、嫌韓ブーム、AI時代の教育、高齢者問題、人口減少社会、 貧困、日本を食いモノにするハゲタカ……モラルの底が抜けた時代に贈る、知的挑発の書。 ・「自分らしく生きろ」...
橘 玲(著) | 2014-06-20 | ★4.1 (264)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:ビジネス・経済] [gen:社会・政治]
¥815
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥770 (6%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
株を始めるならこの1冊、という信用を得てロングセラーとなった『臆病者のための株入門』から8年。『臆病者のための裁判入門』に続き、シリーズ第3弾が出ました! 今回は株だけではありません。宝くじ、年金、生命保険、株、投資信託、為替、不動産……。「年金崩壊」「国家破産」等々不安が尽きな...
城山 三郎(著) | 2012-09-20 | ★4 (245)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥519
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥510 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
三井物産に35年間在職し、華々しい業績をあげた後、78歳で財界人から初めて国鉄総裁になった“ヤング・ソルジャー”──自らを山猿(マンキー)と称し、欧米流の経営手腕を発揮した高齢のビジネスマンは、誰もが敬遠した不遇のポストにあえて飛び込む。問題の山積する国鉄の改革を通し、明治人の一...
司馬遼太郎(著) | 2017-04-21 | ★4.5 (205)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:社会・政治]
¥570
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥560 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
「ともかくも、日本とこの隣国は、交渉がはじまってわずか二百年ばかりのあいだに、作用と反作用がかさなりあい、累積しすぎた。国家にも心理学が適用できるとすれば(げんにできるが)、このふたつの国の関係ほど心理学的なものはない。つまりは、堅牢な理性とおだやかな国家儀礼・慣習だけでたがいを...
中島 京子(著) | 2018-03-09 | ★4 (185)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥723
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥678 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
認知症を患い、正常な記憶が失われていく父。日々発生する不測の事態のなかでも、ときには笑いが、ときにはあたたかな感動が訪れる。 「十年か。長いね。長いお別れ(ロング・グッドバイ)だね」 「なに?」 「ロング・グッドバイと呼ぶんだよ、その病気をね。少しずつ記憶を失くして、ゆっくりゆっ...
今野晴貴(著) | 2013-01-25 | 全2巻の1冊目 | ★4 (182)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥838
49pt (6%)
実質価格/割引率 ¥789 (6%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
就活生の最大の恐怖「ブラック企業」。大量採用した正社員をきわめて劣悪な条件で働かせ、うつ病から離職へ追いこみ、平然と「使い捨て」にする企業がそれ。誰もが知る大手衣料量販店や大手家電メーカーの新入社員集団離職など豊富な実例を元に、「ブラック企業の見分け方」「入ってしまった後の対処法...
清水 潔(著) | 2017-12-05 | ★4 (176)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥804
38pt (5%)
実質価格/割引率 ¥766 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
なぜ、この事件は強く否定され続けるのか? 戦後七十周年に下された指令は七十七年前の「事件」取材? 「知ろうとしないことは罪」と呟き、西へ東へ南京へ。 いつしか「戦中の日本」と、言論の自由が揺らぐ「現在」がリンクし始める……。 伝説の事件記者が挑む新境地。 解説・池上彰
宏洋(著) | 2020-03-13 | ★4 (168)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1400
14pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1386 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
リビングで“神様”は言った。「バカ波動を出すな!」 〈小学校に入る前から、幸福の科学の教義を教えられました。父や母から直接レクチャーを受けることはほとんどなく、教団の職員が家庭教師についていました。 そして「世の中の一般的な考えは、基本的に間違っている。齟齬があった場合は、我々が...
三木 大雲・原作(著), 森野 達弥・作画(イラスト) | 2021-08-05 | ★4.5 (171)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
「怪談」+「仏教説法」の怪奇譚。三木大雲の『怪談和尚の京都怪奇譚』シリーズを、妖怪漫画家・森野達弥が“最恐”コミカライズ! 事故物件サイト管理人、大島てる大絶賛!! 「やっぱり怪談はコミックで読むのが一番」 京都の古刹、蓮久寺の三木住職の下には、さまざまな相談や悩みを抱えた人々が...
大島 真寿美(著) | 2021-08-03 | 全2巻の1冊目 | ★4 (155)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥850
38pt (4%)
実質価格/割引率 ¥812 (4%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
江戸時代の大坂・道頓堀。穂積成章は父から近松門左衛門の硯をもらい、浄瑠璃作者・近松半二として歩みだす。だが弟弟子には先を越され、人形遣いからは何度も書き直させられ、それでも書かずにはいられない。物語が生まれる様を圧倒的熱量と義太夫のごとき流麗な語りで描く、直木賞&高校生直...
鈴木 敏夫(著) | 2019-05-20 | ★4.6 (134)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1222
22pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1200 (2%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
毎日が真剣勝負のジブリ戦記! 公開延期、スタッフの取り合い、我慢比べ、膨れ上がる予算、クーデター計画、引退宣言……。 『ナウシカ』 高畑プロデューサー曰く「間に合わないものは仕方がない」 『ラピュタ』 「もう監督はやらない」からの再出発 『トトロ』 はじめは原作脚本・宮崎、監督・...
池波正太郎(著) | 2014-11-21 | 全1巻の1冊目 | ★4.7 (120)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥9350
94pt (1%)
実質価格/割引率 ¥9256 (1%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
池波正太郎の永遠のベストセラー「鬼平犯科帳」シリーズ。江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵は、その取り締まりの豪腕ぶりで、世の盗賊たちから“鬼の平蔵”と恐れられている。しかし、その素顔は「妾腹の子」として育った苦労人。昔は放蕩無頼の限りを尽くし、...
司馬遼太郎(著) | 2014-12-12 | 全10巻の1冊目 | ★4 (114)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥631
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥620 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
司馬遼太郎畢生の大長編! 西郷隆盛と大久保利通。ともに薩摩藩の下級藩士の家に生まれ、幼い時分から机を並べ、水魚の交わりを結んだ二人は、長じて明治維新の立役者となった。しかし維新とともに出発した新政府は内外に深刻な問題を抱え、絶えず分裂の危機を孕んでいた。明治六年、長い間くすぶり続...
小川 洋子(著) | 2012-09-20 | ★4 (110)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥459
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥450 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
出産を間近に控えた姉に、毒に染まっているだろうグレープフルーツのジャムを食べさせる妹……妊娠をきっかけとした心理と生理の繊細、微妙なゆらぎをみごとに描く、第104回芥川賞を受賞した「妊娠カレンダー」。住人が消えてゆく?謎に包まれた寂しい学生寮の物語「ドミトリイ」、小学校の給食室に...
出口 治明(著) | 2018-02-27 | ★4 (99)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥1222
22pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1200 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
世界史を題材に数々のベストセラーを生んだ著者が初めて日本史に挑戦。世界史の中の日本という視点で、分かりやすく面白く解説。 はじめに 第一章 日本人の起源 1 原始、太陽は敵だった 2 大量絶滅とホモサピエンスの登場 3 「言葉」は、肉食から生まれた? 4 DNAが証明した日本人の...
橘 玲(著) | 2012-09-20 | ★4 (95)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥570
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥560 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
歌舞伎町のとあるビルには、あらゆる学問を極めた亜玖夢(あくむ)博士が、悩める民を救おうと開いた研究所がある。「相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ」のチラシを握りしめて来るのは、多重債務者、シャブの売人、いじめに悩む小学生にマルチ商法の営業マン…。突拍子もない処方と、美少年助手の暴走で...
有吉佐和子(著) | 2015-08-28 | ★4.5 (80)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥693
41pt (6%)
実質価格/割引率 ¥652 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
読めばハマる有吉佐和子。幻の名作長篇 無名の陶芸家が生んだ青磁の壺が売られ贈られ盗まれ、十余年後に作者と再会した時——。人生の数奇な断面を描き出す名作、復刊!
上前淳一郎(著) | 2015-07-17 | ★4.5 (77)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥418
8pt (2%)
実質価格/割引率 ¥410 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
昭和二十九年の青函連絡船洞爺丸沈没事故。タイタニックに匹敵する多くの犠牲者を出したこの事故の全貌を、時間の経過を追って克明に再現し、事故の真因にせまる。
出口 治明(著) | 2019-06-13 | ★4.5 (82)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥1222
22pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1200 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
教養の達人による日本史講義、中世はさらに面白い! 「宇宙の始まり」からスタートしたこの講義、著者が「一番好きな時代」と語る中世篇は、さらに刺激的に。院政はなぜ発生したのか? 武士とはそもそも何なのか? 幕府と将軍が登場、しかし建武の新政で朝廷が復権、北条政子、日野富子ら女性も割拠...
千早 茜(著) | 2019-02-08 | ★4 (73)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥713
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥668 (6%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
下町の西洋菓子店を舞台にしたキュートな連作短編集 下町の西洋菓子店の頑固職人のじいちゃんと、その孫であり弟子であるパティシエールの亜樹。甘やかで、ときにほろ苦い連作短編集。 フランス菓子作りを修業したパティシエールの亜樹は、 菓子職人の祖父のもと、下町の西洋菓子店「プティ・フール...
波木 銅(著) | 2021-07-05 | ★4 (61)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1400
14pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1386 (1%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
満場一致で第28回松本清張賞を受賞! 時代の閉塞感も、小説のセオリーも、すべて蹴散らす、弱冠21歳の現役大学生による破格のデビュー作。 このクソ田舎とおさらばするには金! とにかく金がいる! だったら大麻、育てちゃえ(学校の屋上で)。 茨城のどん詰まり。クソ田舎の底辺工業高校には...
永井路子(著) | 2014-10-03 | ★4.5 (67)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
15pt (2%)
実質価格/割引率 ¥800 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
壬申の乱を経て、藤原京、平城京へと目まぐるしく都が遷る激動の時代。その裏では、皇位をめぐって歴史の節目となる大変革が進行していた。繰り返される裏切り、陰湿なる策略。矢面に立たされた氷高皇女が女帝・元正天皇となり、自身のすべてを政治活動に捧げ、守り抜こうとしたものとは何だったのか―...
渡辺惣樹(著) | 2017-01-20 | ★4.5 (57)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理] [gen:社会・政治]
¥1120
20pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1100 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
教科書が教えない「二つの世界大戦の真実」! 「歴史修正主義」とは戦前の日独を全面肯定する歴史観のことではありません。米英の外交に過ちはなかったのか、あったとすれば何が問題だったのか。それを真摯に探る歴史観のことです。 「公式の歴史」ではベルサイユ体制と国際連盟体制を破壊した枢軸国...
阿部 智里(著) | 2022-01-21 | ★4.5 (57)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥200
2pt (1%)
実質価格/割引率 ¥198 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
山神さまによって開かれたと伝えられる世界・山内を舞台にしたファンタジー「八咫烏シリーズ」の外伝。今回の主人公は少年時代の澄尾。 八咫烏の一族の長、金烏の治める山内で母とふたりで暮らす澄尾。宗家近衛の元で働く山内衆の養成所「勁草院」に推薦されるが、病身の母を気遣い申し出を断っていた...
ジェレミー・ベイレンソン(著), 倉田 幸信(翻訳) | 2018-08-08 | ★4.5 (50)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:科学・テクノロジー]
¥1935
35pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1900 (2%⬇)
[2022/10/01 04:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
◆心理学×テクノロジー、仮想現実の最前線◆ ・VR内での体験を、脳は現実の出来事として扱ってしまう ・VR内で第三の腕を生やしたり、動物の身体に“移転”しても、 脳はすぐさまその変化に適応し、新たな身体を使いこなす ・イラク戦争後、“バーチャル・イラク”を体験するVR...
塩野七生(著) | 2018-01-04 | ★4 (33)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥968
64pt (7%)
実質価格/割引率 ¥904 (7%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
男たちに贈る辛辣にして華麗、ユーモアと毒にみちた54章の「男性改造講座」! 男の色気はうなじに出る、原則に忠実な男は不幸だ、薄毛も肥満も終わりにあらず、外国語の習得は必要か、成功する男の4つの条件、上手に年をとるための10の戦術など悩める男性を喝とユーモアを交えて実践指導! 周囲...
折原 一(著) | 2016-11-25 | ★4 (41)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1222
22pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1200 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
【2018年本屋大賞 発掘部門 超発掘本!】 著者の初期最高傑作が復活! 8歳で児童文学賞を受賞し天才少年と呼ばれた小松原淳は、なぜ富士の樹海に消えたのか? 母親の依頼で淳の伝記を書くことになった作家志望の島崎は、膨大な資料を読み、関係者に取材して淳の人生に迫るが、やがて不気味な...
永井路子(著) | 2014-10-03 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (32)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥672
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥660 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
激動の戦国時代、織田信長という風雲児の妹として生まれたがために、あるいは、その比類なき美貌ゆえに、お市の方は激しく厳しい運命を生きる。近隣の国々を切り従え、天下統一を狙う兄・信長と、その兄と対決せざるを得ない最愛の夫・浅井長政。日々激化する抗争の狭間に身を置いて、お市の方は苦難に...
九段 理江(著) | 2022-01-17 | ★4 (27)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
第166回芥川賞候補作!令和版「女生徒」 どうして娘っていうのは、こんなにいつでも、 お母さんのことを考えてばかりいるんだろう。 社会派YouTuberとしての活動に夢中な14歳の娘は、 私のことを「小説に思考を侵されたかわいそうな女」だと思っている。 そんな娘の最新投稿は、なぜ...
原作 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(著), 脚本・監督 宮崎駿(著) | 2019-01-04 | ★5 (20)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/10/01 04:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
魔女の呪いで老婆にされた少女ソフィーは、魔法使いのハウルたちと、動く城で共同生活を送ることになる。やがて隣国との戦争が始まり、ハウルのかつての師匠であったサリマンがハウルに国への協力を求めてくるが……。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの小説を原作にした、恋と魔法の物語。アニメの全シー...
いとうせいこう(著), みうらじゅん(著) | 2018-01-24 | ★4 (21)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1222
12pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1210 (1%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1184位(直近30日)
仏像を訪ねる『見仏記』シリーズ、武道館公演や映画化もされた大人気トークイベント『ザ・スライドショー』、展覧会の「仏像大使」活動などでおなじみのいとうせいこう&みうらじゅん。 旅に出るときの新幹線の車中でもずーっとしゃべりっぱなしの仲良し名コンビが、2016年1月から201...
磯田道史(著) | 2016-03-25 | ★4 (210)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥509
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥500 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は? 幕末最大のミステリーに挑んだ 気鋭の歴史家が、史料の丹念な読解と巧みな推理でついに謎を解きあかした。 自筆の書状から龍馬の内面に迫り、龍馬が生きた幕末という時代、土佐藩の事情などを一つ一つ検証。既成の枠にとらわれない自由な発想の持ち主が生まれ...
小野一光(著) | 2017-08-04 | ★4.1 (88)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:社会・政治]
¥1019
46pt (5%)
実質価格/割引率 ¥973 (5%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
“二十一世紀最大の謎”を描ききった事件ルポの白眉! まさに未曾有の怪事件。発覚当時63歳の女を中心に、結婚や養子縁組によって複数の家庭に張り巡らされた、虐待し搾取する者とされる者が交錯する人間関係。その中で確認された死者11人。この複雑きわまる尼崎事件の全容を執念の取材で描いた、...
楠木 建(著) | 2019-03-29 | ★4 (55)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:人文・思想] [gen:趣味・実用]
¥1324
24pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1300 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
仕事は晴れの日ばかりではない。努力をしても成果が出ない。思うような評価が得られない――では、どうしたらよいのだろう? ・インセンティブに頼らない仕事術とは? ・「良し悪し」よりも「好き嫌い」――「コレクトネス」の奴隷になるな! ・UMS(ユニクロ、無印良品、サイゼリア)にみる独自...
司馬遼太郎(著) | 2015-02-06 | ★4 (37)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1222
22pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1200 (2%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
【上下巻合本版】 英雄豪傑が各地に輩出し、互いに覇をきそいあった戦国の世。四国土佐の片田舎に、野望に燃えた若者がいた。その名は長曽我部元親。わずか一郡の領主でしかなかった彼が、武力調略ないまぜて土佐一国を制するや、近隣諸国へなだれ込んだ。四国を征服し、あわよくば京へ……。が、そこ...
石持 浅海(著) | 2021-11-09 | ★4.5 (25)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
34pt (4%)
実質価格/割引率 ¥766 (4%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
殺し屋に商売敵現る!! 異色の短編集第二弾 ひとりにつき650万円で始末してくれるビジネスライクな殺し屋、富澤。そんな彼に商売敵が現れて――異色の殺し屋シリーズ第二弾。
永井 路子(著) | 2021-09-01 | ★4.5 (23)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
51pt (3%)
実質価格/割引率 ¥1449 (3%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1186位(直近30日)
2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代、 鎌倉武士たちのリアルな姿を描き出した面白さ抜群の傑作歴史評伝。 「ここで私は、大小いくつかの作品で扱ってきた鎌倉時代に対する一つの決算書を書いた。」(あとがきより) 『炎環』『北条政子』で鎌倉幕府成立の時代を小説として描いた後も、 ...
磯田道史(著) | 2016-03-25 | ★4.5 (322)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥641
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥630 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
2016年5月に映画化! 「殿、利息でござる!」の原作。 清廉な生き方を貫いた三人を、歴史の中から掘り起こした感動作。 穀田屋十三郎-伊達藩の貧しい宿場町に生まれた商人。同志をあつめて一家離散を覚悟で大金を集め、それを伊達藩に貸し付けて、その利息で、滅びようとする郷里を救おうと奔...
須田 桃子(著) | 2018-10-06 | ★4 (264)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1120
21pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1099 (2%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
iPS細胞を超える夢の万能細胞として、華々しく発表されたSTAP細胞。そのニュースに日本中が熱狂したのも束の間、論文には次々と疑義が浮上する。一流科学者が揃いながら、なぜ捏造が起きたのか。そしてSTAP細胞の正体とは。独自取材を重ねた記者が掴んだ全貌。大宅賞受賞作に新章を追加した...
宮崎 駿(著) | 2013-12-27 | ★4.3 (130)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:文学・評論] [gen:社会・政治]
¥713
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥674 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
ジブリ作品の背景や狙い、歴史観まで、徹底的に語り尽くす! 「愛とか正義とか友情とか……本気でしゃべってくれないかなあって、みんな待ってるんだと思いますね」(本文より)。2013年9月に突然、長編アニメーション映画からの引退を発表した宮崎駿監督。その宮崎監督が『風の谷のナウシカ』か...
Number編集部(編集) | 2022-04-22 | ★4.5 (130)
[pub:文藝春秋] [gen:スポーツ・アウトドア]
¥1599
16pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1583 (1%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
FIGURE SKATING TRACE OF STARS 誇りの銀盤。 フィギュアスケート 2021―2022 シーズン総集編 [原点にあった渇望] 羽生結弦 「未知の世界を求めて」 [本田武史×無良崇人対談解説] ギリギリまで攻めた4回転アクセルだった。 [好評企...
坂井 希久子(著) | 2021-06-08 | 全2巻の1冊目 | ★4 (79)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥780
51pt (7%)
実質価格/割引率 ¥729 (7%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
“色”で江戸の難題、解決します。 累計32万部突破「居酒屋ぜんや」シリーズの坂井希久子、 文庫オリジナル、新シリーズ始動! 江戸時代は、洗練された美意識と、繊細な色彩感覚が頂点に達した時代でした。 もしも、江戸にカラーコーディネーターがいたら……? お彩の父親は腕のいい摺師でした...
マックス ブルックス(著), 浜野 アキオ(翻訳) | 2013-05-31 | 全2巻の1冊目 | ★4 (75)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥723
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥710 (2%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
中国で発生した謎の疫病──それが発端だった。急死したのちに凶暴化して甦る患者たち。中央アジア、ブラジル、南ア……疫病は急速に拡がり、ついにアウトブレイクする。アメリカ、ロシア、日本……世界を覆いつくす死者の軍勢に、人類はいかに立ち向かうのか。未曾有のスケールのパニック・スペクタク...
誉田 哲也(著) | 2020-06-09 | ★4 (68)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
34pt (4%)
実質価格/割引率 ¥766 (4%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
超能力で事件を解決!? あの面々が戻って来た。 映像化もされて話題となった人気シリーズ第2弾! 超能力ビジネスが認定された日本で、一級超能力師の増山圭太郎は事務所を開設。 見た目も能力も凸凹な事務所の面々だが、依頼内容も浮気調査や人探しばかり。 そんな中、超能力関連の先進技術開発...
司馬遼太郎(著) | 2015-02-06 | ★4.5 (63)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1426
26pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1400 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
【上下巻合本版】 みなもとのよしつね――その名はつねに悲劇的な響きで語られる。源氏の棟梁の子に生まれながら、鞍馬山に預けられ、その後、関東奥羽を転々とした暗い少年時代……幾多の輝かしい武功をたて、突如英雄の座に駆け昇りはしたものの兄の頼朝に逐われて非業の最期を迎えてしまう。数奇な...
司馬遼太郎(著) | 2016-05-13 | ★4.5 (58)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥641
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥630 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
幕末――吉田松陰を筆頭に過激な思想、行動に突っ走った長州。西郷隆盛、大久保利通と大人の智恵を発揮した薩摩。松平容保を頂点とした会津の滅びの美学。危機の時ほど、その人間の特質が明瞭に現れる時はない。風土と人物のかかわり合い、その秘密、ひいては日本人の原形質を探るために、日本各地を歴...
司馬遼太郎(著) | 2014-12-12 | ★4.5 (51)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥6406
64pt (1%)
実質価格/割引率 ¥6342 (1%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
司馬遼太郎畢生の大長編、全十巻合本版。 西郷隆盛と大久保利通。ともに薩摩藩の下級藩士の家に生まれ、幼い時分から机を並べ、水魚の交わりを結んだ二人は、長じて明治維新の立役者となった。しかし維新とともに出発した新政府は内外に深刻な問題を抱え、絶えず分裂の危機を孕んでいた。明治六年、長...
永井 路子(著) | 2021-01-04 | ★4.5 (46)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
2022大河ドラマ主人公・北条義時の姉にして、源頼朝の妻。 彼女はいつも動乱の渦中にいた。 伊豆の豪族・北条時政の娘に生まれ、 流人源頼朝に遅い恋をした政子。やがて夫は平家への叛旗をあげる。 源平の合戦、鎌倉幕府開設―― 御台所になった政子は、実子・頼家や実朝、 北条一族、有力御...
浦上 満(著) | 2017-10-20 | ★4.5 (19)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:マンガ]
¥1222
12pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1210 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
葛飾北斎が55歳から刊行し、江戸のベストセラーとなった『北斎漫画』。著者の浦上氏の本業は東洋古陶器を扱う古物商。しかし、18歳で初めて『北斎漫画』を購入して以来、その魅力にとりつかれ、現在までに約1500冊を蒐集、質量ともに世界一のコレクターとなった。そんな浦上氏が、『北斎漫画』...
柳下毅一郎(著) | 2013-09-06 | ★4 (17)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:社会・政治]
¥978
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥968 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
映画より面白い映画評論がここにある! 町山智浩&柳下毅一郎による、伝説の映画活字漫談が1冊になって堂々復活。映画へのほとばしる愛ゆえに怒り、ツッコむ2人が、ときに対立も辞さず語り尽くす。『千と千尋の神隠し』のアンタッチャブルなテーマを喝破し、『スター・ウォーズ』を『巨人の星』に、...
三津田 信三(著) | 2021-10-06 | 全3巻の2冊目 | ★4.5 (32)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥990 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1188位(直近30日)
ホラーミステリーの名手、シリーズ第2弾! 敗戦に志を折られた物理波矢多は、 復興を縁の下から支える職に就こうと決意する。 炭坑夫となるも怪事件に巻き込まれ、 転身先に選んだのは海運の要、灯台守。 新しい任地の轟ヶ埼灯台で待っていたのは“白もんこ”と呼ばれる怪異と二十年の時を超える...
大原 由軌子(著) | 2020-11-12 | 全4巻の4冊目 | ★3.5 (422)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥800
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥792 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
ある日急に、自分の子どもがいじめの加害者だと言われたら、あなたはどうしますか? いじめ騒動の当事者となった一家のサバイバルを描く実話マンガ! ★息子がいじめ被害者だった前日譚をはじめ、数々のエピソードを追加した増ページ完全版です★ 東日本大震災をきっかけに、故郷の佐世保に一家で移...
エドワード・ルトワック(著), 奥山真司(翻訳) | 2017-04-21 | ★4.5 (161)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥866
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥827 (5%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
国連・NGO・他国の介入が戦争を長引かせるのだ! ベストセラー『中国4.0』の著者、待望の最新作! 著者は古今東西の歴史に通じる一方で、実際の戦場も経験しており、各国の安全保障アドバイザーとして活躍しています。 そのルトワック氏はこう断言しています。良心や正義感、人道的配慮にもと...
マイケル・ルイス(著), 渡会圭子(翻訳), 東江一紀(翻訳) | 2019-08-06 | ★4.5 (110)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:ビジネス・経済] [gen:投資・金融・会社経営]
¥897
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥880 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
株式市場で、巨大な詐欺が行われていた!? 何故か株を買おうとすると値段が逃げ水のようにあがってしまう。その陰には巨大詐欺と投資家を出し抜く超高速取引業者の姿があった。
スティーヴン・キング(著), 深町眞理子(翻訳) | 2015-04-17 | ★4.5 (109)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥897
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥880 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
鬼才スタンリー・キューブリック監督による映画化作品でも有名な、世界最高の「恐怖の物語」 雪に閉ざされたホテルに棲む悪霊が、管理人一家を襲う。天才キングが圧倒的筆力で描き出す恐怖! これこそ幽霊屋敷もの、そして20世紀ホラー小説の金字塔
出口 治明(著) | 2020-12-17 | ★4.5 (100)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
歴史は楽しくて役に立つ! 上司との関係に悩んだとき、仕事で判断に迷ったとき、人生で大失敗したとき―― 無類の歴史好きである著者は歴史を人生の要所で判断基準にしてきた。 ビジネスにもプライベートにも使える歴史知識を、80のQ&Aで紹介。 世界情勢の理解からビジネス上の決断まで、出口...
澁澤 龍彦(著) | 2017-10-02 | ★4 (100)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥784
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥745 (5%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
澁澤龍彦没後30年。遺作となった伝説の傑作幻想小説が、いま新たな装いで! 平城天皇の皇子に生まれ、嵯峨天皇即位すると皇太子に立てられるも、父上皇と天皇との諍い(薬子の変)により廃された高丘親王。出家し弘法大師の直弟子となった親王は、東大寺大仏の再建に尽力するなど重要な働きを果たす...
川上 弘美(著) | 2012-09-20 | ★4 (84)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥469
24pt (5%)
実質価格/割引率 ¥445 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
藪の中で踏んでしまった蛇が女になり、わたしの部屋に棲みついた。夜うちに帰ると「あなたのお母さんよ」と料理を作り、ビールを冷やして待っている──「蛇を踏む」。うちの家族はよく消えるが、上の兄が縁組した家族はよく縮む──「消える」。背中が痒いと思ったら、夜が少しばかり食い込んでいるの...
スティーヴン・キング(著), 深町眞理子(翻訳) | 2015-04-17 | ★4.5 (73)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥897
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥880 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
鬼才スタンリー・キューブリック監督による映画化作品でも有名な、世界最高の「恐怖の物語」 雪に閉ざされたホテルに棲む悪霊が、管理人一家を襲う。天才キングが圧倒的筆力で描き出す恐怖! これこそ幽霊屋敷もの、そして20世紀ホラー小説の金字塔
中野 京子(著) | 2021-03-09 | ★4.5 (63)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥950
56pt (6%)
実質価格/割引率 ¥894 (6%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
「怖い絵」シリーズなどで絵画鑑賞に新たな歓びを提示してきた著者による、 知的ユーモアにあふれ、ときにスリリングなエッセイ集。 『怖い絵』や『名画の謎』シリーズで絵画鑑賞に新たな視点を提示した著者は、芸術を、人を、どのように洞察するのか? 名画との衝撃的な邂逅や、一見穏やかに見える...
中野京子(著) | 2014-09-26 | ★4.5 (55)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:社会・政治]
¥662
12pt (2%)
実質価格/割引率 ¥650 (2%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
フランス革命の転換点となった有名な逃亡事件「ヴァレンヌ事件」はなぜ失敗したのか。愛のため、命がけで計画を練ったフェルゼン、狂おしいほどに優柔不断なルイ16世、「贅沢と傲慢」の女王アントワネットの真実。嫉妬、楽観、逡巡。濃密な人間ドラマと追いつ追われつ迫真の攻防戦24時間の再現は、...
天祢 涼(著) | 2020-05-22 | ★4 (34)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1599
16pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1583 (1%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
「あたしって虐待されてるの?」 アリバイトリックに新境地! あなたは絶対に見破れない 椎名きさらは小学五年生。母子家庭で窮乏している上に親から〈水責めの刑〉で厳しく躾けられていた。ある時、保健室の遊馬先生や転校生の翔太らに指摘され、自分が虐待されているのではないかと気づき始める…...
色川 武大(著) | 2012-09-20 | 全2巻の1冊目 | ★4 (29)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥469
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥460 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1190位(直近30日)
「ことさら深刻ぶるのはよそうぜ」などとカッコいいせりふを吐いてぼくたち二人はおたがい納得して「離婚」したのです。ところがどこでどうなってしまったのでしょうか、ぼくはいつのまにか、「もと女房」のアパートに住みついてしまって……。男と女のふしぎな愛と倦怠の形を、味わい深い独特の筆致で...
柚月 裕子(著) | 2021-10-07 | ★4 (274)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1700
17pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1683 (1%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
この者は、神か、悪魔か――。 気鋭の著者が、医療の在り方、命の意味を問う感動巨編。 大学病院で、手術支援ロボット「ミカエル」を推進する心臓外科医・西條。そこへ、ドイツ帰りの天才医師・真木が現れ、西條の目の前で「ミカエル」を用いない手術を、とてつもない速さで完遂する。 あるとき、難...
須賀 しのぶ(著) | 2018-03-09 | ★4.5 (257)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥968
47pt (5%)
実質価格/割引率 ¥921 (5%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
この国の人間関係は二つしかない。密告しないか、するか──。 第18回大藪春彦賞受賞作! 革命と音楽が紡ぎだす歴史エンターテイメント バブル期の日本を離れ、ピアノに打ち込むために東ドイツのドレスデンに留学した眞山柊史。 留学先の音楽大学には、個性豊かな才能たちが溢れていた。 中でも...
太宰 治(著) | 2019-07-26 | ★4 (199)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥774
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥729 (6%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
日本文学を代表する天才作家の名作11篇! 没落貴族の家庭を背景に、滅びゆく高貴な美を描く「斜陽」。太宰文学の総決算ともいうべき、小説化された自画像「人間失格」。ふたりの若者の信頼と友情を力強く表現した「走れメロス」。家族の幸福を願いながら自らの手で崩壊させる苦悩を描き、命日の呼び...
川村 元気(著) | 2021-07-07 | ★4.1 (208)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
71pt (9%)
実質価格/割引率 ¥729 (9%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
「あなたは誰?」 徐々に息子の泉を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく泉。 ふたりで生きてきた親子には、忘れることのできない“事件”があった。 泉は思い出す。かつて「母を一度、失った」ことを。 母の記憶が消えゆく中、泉は封印された過去に手を伸ばす──。 記憶という謎<ミステ...
恒川光太郎(著) | 2016-06-24 | ★4.5 (132)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥968
45pt (5%)
実質価格/割引率 ¥923 (5%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
著者の新境地・ネオ江戸ファンタジー小説 謎の存在「金色様」を巡って起こる不思議な禍事の連鎖。人間の善悪を問うネオ江戸ファンタジー。第67回日本推理作家協会賞受賞作。
道尾 秀介(著) | 2013-07-12 | ★4 (125)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥649
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥640 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
注目度ナンバー1の著者による少年小説の傑作! 「ヤドカミ様に、お願いしてみようか」「叶えてくれると思うで。何でも」──家にも学校にも居場所が見つけられない小学生の慎一と春也は、ヤドカリを神様に見立てた願い事遊びを考え出す。100円欲しい、いじめっ子をこらしめるなどの他愛ない儀式は...
司馬遼太郎(著) | 2015-02-06 | 全2巻の2冊目 | ★4.5 (116)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥774
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥760 (2%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
義経は華やかに歴史に登場する。木曽義仲を京から駆逐し、続いて平家を相手に転戦し、一ノ谷で、屋島で、壇ノ浦で潰滅させる……その得意の絶頂期に、既に破滅が忍びよっていた。彼は軍事的には天才であったが、あわれなほど政治感覚がないため、鎌倉幕府の運営に苦慮する頼朝にとって毒物以外の何物で...
今野 敏(著) | 2021-07-14 | ★4 (102)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1599
16pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1583 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
外事一課の倉島は、「ゼロ」の研修帰りのエース公安マン。 ロシア外相が来日し、随行員の行動確認を命じられるが、同時期にベトナム人の殺害事件が発生。 容疑者にロシア人ヴァイオリニストが浮かび上がる。 一方、外事二課で中国担当の盛本もこの事件の情報を集めていることがわかる。 倉島は、ベ...
佐伯 泰英(著) | 2021-04-06 | 全51巻の1冊目 | ★4.5 (87)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥800
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥755 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
佐伯泰英さんの代表作「居眠り磐音」決定版! 第一巻『陽炎ノ辻』は、豊後関前藩の若き武士3人が、国許へと帰参するシーンから始まります。 その夜、3人が直面した思いもよらなかった運命。 そして、浪々の身となった坂崎磐音は江戸・深川で長屋暮らしを始めます。 平成でもっとも愛されたエンタ...
恩田 陸(著), 米澤 穂信(著), 村山 由佳(著), 窪 美澄(著), 彩瀬 まる(著), 阿部 智里(著), 朱川 湊人(著), 武川 佑(著), 乾 ルカ(著), 小池 真理子(著) | 2019-12-05 | ★3.5 (30)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥780
46pt (6%)
実質価格/割引率 ¥734 (6%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
10人の豪華執筆陣が〈怪異〉をテーマに描く、奇譚アンソロジー。 暑い日になぜか起こる奇怪なある出来事、風鈴の音が呼び覚ますもう一人のわたしの記憶、死んだはずの母が見えるわたし、病院から届いた友人のSOS、旧いブザーを押す招かざる客……。 それは不思議な夢か、それとも妄想か……。あ...
夏樹 静子(著) | 2012-12-14 | ★4.5 (26)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:社会・政治]
¥692
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥685 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
裁判はこんなに面白いのか! 時代を変えた12の法廷ドラマを、夏樹静子が迫真のノンフィクションノベルに。帝銀事件、チャタレイ裁判、永山則夫事件など有名事件から、翼賛選挙に無効判決を下した裁判長の苦悩、犯罪被害者になった弁護士の闘いまで、資料を駆使した人間ドラマとして描く。判決の裏に...
大森 洋平(著) | 2018-12-04 | ★4 (24)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:歴史・地理]
¥794
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥755 (5%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
大河ドラマも朝ドラも、これを読めばぐ~んと面白くなる! まだまだありますお蔵出し、大好評の時代考証事典が帰ってきました。 2013年12月に出版された「考証要集 秘伝! NHK時代考証資料」の待望の続編。 著者は長年にわたりNHKのドラマ担当ディレクターとして、時代考証の専門家と...
小林秀雄(著) | 2015-03-27 | ★4.5 (14)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥1528
28pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1500 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
【考えるヒント】「良心」について、「平家物語」、「花見」…。さりげない語り口で始まるエッセイは、思いもかけない発想と徹底した思索で、読者を刺激し新たな発見を与える。永遠に読み継がれるべき名著。 【考えるヒント2】「私の書くものは随筆で、文字通り筆に随うまでの事で、物を書く前に、計...
貴志祐介(著) | 2017-06-30 | ★3.5 (14)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥734
45pt (6%)
実質価格/割引率 ¥689 (6%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
これを読まずして貴志祐介は語れない! 『黒い家』『悪の教典』『新世界より』『鍵のかかった部屋』……あの緻密な作品群を生み出した知性の意外な素顔とは。 ホラー、ミステリ、SFなど幅広いジャンルにわたって、挑戦的な作品を書き続けている著者による、デビュー以来の全エッセイから精選したエ...
阿部 和重(著), 伊坂 幸太郎(著) | 2017-11-09 | ★4.5 (9)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1528
28pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1500 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1192位(直近30日)
「俺とおまえで世界を救いに行こうじゃないか」 現代を代表する人気作家ふたりが合作、その化学反応が生み出した問答無用のノンストップ・サスペンス。 世界を揺るがす秘密は蔵王に隠されている! 大陰謀に巻き込まれた小学校以来の友人コンビ。 異常に強い謎の殺し屋と警察に追われるふたり(と犬...
桑田 佳祐(著) | 2021-10-08 | ★4.5 (437)
[pub:文藝春秋] [gen:エンターテイメント] [gen:文学・評論]
¥2400
49pt (2%)
実質価格/割引率 ¥2351 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
曲が書けないほど 全力で書いちゃったよ……(涙)。 マイクをペンに持ちかえて、不埒に、真面目に、時に感傷的に。 時は図らずもコロナ禍という非常事態、 「週刊文春」というステージで綴られた全66篇 “魂”のエッセイ!! サザンオールスターズのリーダーにして日本の音楽シーンの先頭を走...
貴志 祐介(著) | 2012-09-20 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (388)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥765
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥757 (1%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
晨光(しんこう)学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇なく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムにサイコパスが紛れこんだとき──。ピカレスクロマンの輝きを...
エドワード・ルトワック(著), 奥山 真司(翻訳) | 2021-07-19 | ★4.5 (350)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥880
53pt (6%)
実質価格/割引率 ¥827 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
ますます緊張を高める米中関係。「習近平は、完全に全方位敵対路線に入った」と著者は語る。 「最後の皇帝」習近平は何を目指すのか? ・習近平は毛沢東以来の「皇帝」となった ・最新の外交戦略「チャイナ4.0」は最悪の選択だ ・アメリカvs中国を超えた、「世界」vs中国の対立 ・仏英独が...
勝間 和代(著) | 2012-09-20 | ★4 (238)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥715
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥708 (1%⬇)
[2022/10/01 02:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。(中略)私が相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして...
井上智洋(著) | 2016-07-29 | ★4 (174)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:投資・金融・会社経営] [gen:社会・政治]
¥866
45pt (5%)
実質価格/割引率 ¥821 (5%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
小説を書いたり、囲碁で世界的な強豪を負かしたりと、AIが目覚しい発展を遂げています。このまま技術開発が進んでいくとどうなるか……。 著者は「2030年には人間並みの知性を持ったAIが登場する可能性がある」と指摘。そうなるとホワイトカラー事務職は真っ先に職を奪われ、医者も弁護士も失...
赤川 次郎(著) | 2012-09-20 | ★4 (154)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥641
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥630 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
フランス留学から帰国した上田修一は、恩師の紹介でフランス語の家庭教師の口を得る。3カ月間住み込みで報酬は100万円、教える相手は広大な敷地に洋館を構える峯岸家の美人姉妹だ。ある日修一は洋館の地下にある牢獄を見つけ、幽閉されている3女・雅子と出会う。ガラスのように脆い神経をもった美...
上原善広(著) | 2013-05-10 | ★4 (153)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想] [gen:社会・政治]
¥734
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥720 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
大宅壮一ノンフィクション賞受賞。中上健次はそこを「路地」と呼んだ。「路地」とは被差別部落のことである。自らの出身地である大阪・更池を出発点に、日本の「路地」を訪ね歩くその旅は、いつしか、少女に対して恥ずべき犯罪を犯して沖縄に流れていった実兄との幼き日の切ない思い出を確認する旅に。
芦沢 央(著) | 2020-09-26 | ★4 (142)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1500
15pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1485 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。 元不倫相手を見返したい料理研究家……始まりは、ささやかな秘密。 気付かぬうちにじわりじわりと「お金」の魔の手はやってきて、 見逃したはずの小さな綻びは、彼ら自身を絡め取り、蝕んでいく。 取り扱い注意! 研ぎ澄まされ...
エマニュエル・トッド(著), ハジュン・チャン(著), 柴山桂太(著), 中野剛志(著), 藤井聡(著), 堀茂樹(著) | 2016-05-20 | ★4 (101)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:社会・政治]
¥897
38pt (4%)
実質価格/割引率 ¥859 (4%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
世界経済でいま何が起きているのか? 「雇用や産業を保護するのは間違いで、規制撤廃こそ唯一の成長戦略であり、経済のグローバル化は歴史の必然だ」と言われるが、現実はまったく逆。グローバリズムこそが経済危機、格差拡大、社会崩壊を招くという世界経済の真実に迫る。 【目次】 第1部 グロー...
宮崎 駿(著) | 2018-12-04 | ★4.5 (78)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/10/01 04:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
産業文明が滅びてから千年。瘴気を発する腐海に人々はおびえて暮らす中、木々を愛で、蟲と心を通わせる少女ナウシカの壮大な物語が幕を開ける――。スタジオジブリの設立のきっかけとなった不朽の名作を、繊細で鮮やかな画とともに文庫版として新たに編集したシネマ・コミック。映画の全カット、全セリ...
橘 玲(著) | 2013-01-18 | ★4 (65)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥858
56pt (7%)
実質価格/割引率 ¥802 (7%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
60万円以下の請求額なら弁護士を雇わずとも簡易裁判所で1日で決着をつけてくれる「少額訴訟制度」を利用して、あるトラブルを解決しようとしたら、決着を見たのは何と2年半後。国民が安価で迅速な裁判を利用できるように作られた制度なのに、なぜこんなことに? 体験を元に日本の「使えない」司法...
平松 洋子(著) | 2021-03-09 | ★3.5 (61)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥690
38pt (6%)
実質価格/割引率 ¥652 (6%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
眉の毛一本の塩梅、好きな服や下着の賞味期限……ほろ苦くも爽やか。 人生後半について考えるいまこそ読みたい示唆に富むエッセイ集。 「アレ」連発の会話、眉のかたちを整えるときの緊張感、着たいのに似合わない服が増えた…… こんなはずじゃなかったというちぐはぐな感情に揺さぶられるお年頃、...
篠田 節子(著) | 2019-03-08 | ★4 (57)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥968
58pt (6%)
実質価格/割引率 ¥910 (6%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
四国遍路の帰路、冬の海に消えた父。 家族、男女関係の先に横たわる人間存在の危うさを炙り出した傑作長編。 企業戦士だけれど、子煩悩だった父。だが父は、二十年間ひとりの女性を愛し続けていた。 一度は夫の裏切りを許し、専業主婦として家庭を支えて生きてきた母は、父の退職後に発覚した事実に...
朱川 湊人(著) | 2021-10-28 | ★4 (55)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥630
6pt (1%)
実質価格/割引率 ¥624 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
人間の怖さ、哀しさを描いた、直木賞受賞作家のデビュー作 自ら“都市伝説”の主人公になろうとする狂気を描く「フクロウ男」、友人を失った少年が時間を巻き戻そうとする「昨日公園」など5篇
釈 徹宗(著) | 2020-10-20 | ★4.5 (61)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想]
¥950
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥940 (1%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
コロナで逼塞する現代人に必読の書! 現代人が読んで心を打たれる、それが『歎異抄』。金言・箴言に満ちたこの書は、思想的には難しい。平易な解説で深みまで導きます。 <目次> 【はじめに】 『歎異抄』が与えた影響/数多の謎を持つ『歎異抄』 ほか 【第一章】『歎異抄』を読んでも仏教はわか...
宮崎 駿(著) | 2018-12-04 | ★4.5 (43)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥958 (1%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
炭鉱の町で暮らす少年パズーは、ある日空から降りてきた少女シータを助ける。謎の鉱石“飛行石”を持つシータを狙う国防軍や海賊たち。数々の試練を乗り越え、伝説の空中都市ラピュタを目指す大冒険が今始まる――。スタジオジブリ設立後、記念すべき第1作となった名作アニメーションが、完全新編集の...
宮崎 駿(著) | 2018-12-04 | ★4.5 (32)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
空賊たちが跋扈する1920年代のアドリア海。その空賊でさえ恐れる凄腕の飛行艇乗りがいた。彼の名は「紅の豚(ポルコ・ロッソ)」。愛機サボイアS-21を駆って、彼は自分が守るべきものを守るためだけに戦う――大人のロマンに溢れる冒険活劇が美しい画像で一冊のコミックに! 「飛ばねぇ豚はタ...
原田 隆之(著) | 2021-03-18 | ★4 (28)
[pub:文藝春秋] [gen:医学・薬学] [gen:科学・テクノロジー]
¥1000
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥982 (2%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
「依存症」といえば、アルコール、タバコ(ニコチン)、麻薬などを、普通では得られない「快楽」を求めて、 身の危険を顧みずにのめり込んで消費している人のイメージが私たちにはあります。 しかし実は、依存症の落とし穴はとても身近なものです。ご飯を食べるのを止められない、オンラインゲームで...
篠田 節子(著) | 2012-09-20 | ★3.5 (27)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥601
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥590 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
自殺者がのこした音楽テープは遺言なのか、それとも怨念なのか。曲を聴いた児童はひきつけを起こし、押入れのチェロはひとりでに弦をはじく。送り主は松本の旧家で作曲をたしなみ、同人誌を発行する「高等遊民」。気味の悪さにテープはうち捨てられるが、音楽だけ別のテープへと乗り移る。死者の真意を...
原作 モンキー・パンチ(著), 監督・脚本 宮崎 駿(著), 脚本 山崎 晴哉(著), 製作・著作 トムス・エンタテインメント(著) | 2019-10-09 | 全2巻の2冊目 | ★4.4 (22)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥958 (1%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
宮崎駿初監督作品、待望の文庫化 幻の偽札を追い、カリオストロ公国へ来たルパンは、ウェディングドレス姿で逃げる少女クラリスと出会う。ルパンは少女を救えるか?
宮崎 駿(著) | 2018-12-04 | ★4 (19)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
18pt (2%)
実質価格/割引率 ¥950 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
13歳の満月の晩、魔女のキキは修行のために相棒の黒猫ジジを連れて旅に出る。たどり着いたコリコの街で、“空飛ぶ宅急便屋さん”をはじめるキキ。人々との出会い、交流を経て、悩みながらも少女は成長してゆく――。宮崎駿監督作品ならではの飛行シーンや、美しく繊細な背景美術もじっくり楽しめる完...
山本 文緒(著) | 2012-09-20 | ★3.5 (17)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥601
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥590 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
31歳の私に、10年後の私をこっそり教えてあげたい──。離婚して仕事もお金もなく、実家に寄生するしかなかった31歳。直木賞を目標にかかげて、胃痛に苦しみながらも、必死で作品を生み出しつづけた30代中盤。念願の直木賞を受賞した38歳。ずっと一人で生きていくと思っていた矢先の、39歳...
原作・脚本・監督 宮崎 駿(著) | 2019-07-10 | ★4.3 (16)
[pub:文藝春秋] [gen:マンガ]
¥968
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥958 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
堀越二郎と堀辰雄への敬意を込めた話題作 実在の飛行機の設計者・堀越二郎をモデルに、その生涯と愛を描く宮崎駿監督のアニメーション。全セリフ・全シーンを一冊に収録。
篠田 節子(著) | 2012-09-20 | ★3.5 (15)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥519
9pt (2%)
実質価格/割引率 ¥510 (2%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1194位(直近30日)
「腕を一本、芋の根元に埋めてくれ」大教団幹部の伯父から託された奇妙な遺言。痴呆の進んだ老人の戯言なのか。葬儀にきた旧友の暗い表情は何を語るのか……。答えは遠い異国の大自然に埋もれていた。衝撃的な事実が神秘の世界を呼び起こす表題作ほか、男運が尽きた女が自殺しようと訪れた地で思わぬ運...
浅田 次郎(著) | 2012-09-20 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (410)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥734
14pt (2%)
実質価格/割引率 ¥720 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
小雪が舞う一月の夜更け、大坂・南部藩蔵屋敷に、傷だらけの侍がたどり着いた。貧しさゆえ南部藩を脱藩し、壬生浪(みぶろ)と蔑称された新選組の隊士になった、吉村貫一郎であった。その剣の冴えは“人斬り貫一”と京の都で恐れられ、一方、極度の倹約のため守銭奴と蔑まれた男には、まったく異なる貌...
ミン・ジン・リー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2020-07-30 | 全2巻の2冊目 | ★4.5 (339)
[pub:文藝春秋] [gen:趣味・実用] [gen:文学・評論]
¥2400
24pt (1%)
実質価格/割引率 ¥2376 (1%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
さまざまな苦難に耐えながら、彼らは強く生き抜こうとする。 在日コリアン一家の苦難の物語は戦後へ。 「物語」というものの圧倒的な力を見せつける大作は1989年に幕を閉じる。 劣悪な環境のなかで兄嫁とともに戦中の大阪を生き抜き、二人の息子を育てあげたソンジャ。 そこへハンスが姿をあら...
重松 清(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (284)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥570
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥560 (2%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
収録された17話の主人公は、いずれも小学五年生の少年。転校先で友達作りにしくじった子、男女のカラダの違いを意識しはじめる子、父親を亡くした寂しさで心が折れそうな子、親の離婚で幼いながら母親を支えていく子…。それぞれが直面している現実を、その小さな体で精一杯受けとめ、自分で考えなが...
森 絵都(著) | 2020-04-17 | ★4.2 (227)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥660
44pt (7%)
実質価格/割引率 ¥616 (7%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
あたたかくて力強い、第135回直木賞受賞作。 才能豊かなパティシエの気まぐれに奔走させられたり、犬のボランティアのために水商売のバイトをしたり、難民を保護し支援する国連機関で夫婦の愛のあり方に苦しんだり……。 自分だけの価値観を守って、お金よりも大事な何かのために懸命に努力し、近...
エマニュエル・トッド(著) | 2021-11-18 | ★4.1 (250)
[pub:文藝春秋] [gen:歴史・地理] [gen:社会・政治]
¥880
19pt (2%)
実質価格/割引率 ¥861 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
本当の脅威は、「コロナ」でも「経済」でも「中国」でもない。 「日本型家族」だ! 核武装から皇室までを語り尽くすトッドの日本論! 磯田道史氏、本郷和人氏とも対談。 若者の生活を犠牲にして老人のコロナ死亡率を抑えた日本だが、社会の存続に重要なのは高齢者の死亡率より出生率だ。 「家族」...
村山 由佳(著) | 2012-09-20 | ★4 (178)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥703
13pt (2%)
実質価格/割引率 ¥690 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
家族だからさびしい。他人だからせつない──禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄と、いじめの過去から脱却できないその娘。厳格な父は戦争の傷痕を抱いて──平凡な家庭像を保ちながらも、突然訪れる残酷な破綻。性別、世代、価値観のちがう人間同士が、...
アンダース・エリクソン(著), ロバート・プール(著), 土方奈美(翻訳) | 2016-08-05 | ★4.5 (185)
[pub:文藝春秋] [gen:人文・思想]
¥1935
36pt (2%)
実質価格/割引率 ¥1899 (2%⬇)
[2022/09/30 22:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
◎勉強、仕事、子育て すべてに応用可能の鉄則◎ 著者のアンダース・エリクソン教授は、「超一流」研究の第一人者。 『タイム』『ニューヨーク・タイムズ』をはじめ、各紙誌で取り上げられ、 世界中から大きな注目を集めた自身の研究結果の全てを、本書で初公開! チェス、バイオリン、テニス、数...
高野 秀行(著) | 2020-11-10 | ★4.5 (175)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション] [gen:旅行ガイド・マップ] [gen:歴史・地理]
¥950
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥940 (1%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
人類最後の秘境は食卓だった!? カエルの子宮、猿の脳みそ、ゴリラ肉……。未知なる珍食を求めて、世界を東へ西へ。 子供の頃は、好き嫌いが多かったという著者は、大学の探検部の遠征でアフリカ・コンゴへ行ったのをきっかけに、 「食ビッグバン」を起こし、一気に珍食のトリコに! 世界中を訪れ...
瀬尾 まいこ(著) | 2012-09-20 | ★4 (164)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥550
10pt (2%)
実質価格/割引率 ¥540 (2%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
ショッピングセンターの片隅で占い師を始めたルイーズ吉田は、元OL。かつて営業職で鍛えた話術と、もちまえの直感で、悩む人たちの背中を押してあげるのが身上だが、手に負えないお客も千客万来。「お父さんとお母さん、どっちにすればいいと思う?」という小学生。何度占いがはずれてもやって来る女...
三浦 瑠麗(著) | 2021-02-19 | ★4 (148)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥880
32pt (4%)
実質価格/割引率 ¥848 (4%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
日本人の価値観をのぞき込む。 三浦瑠麗が独自の価値観調査で明かす、日本人のホンネ。 政治はなぜ変わらないのか? 「分断の時代」に日本政治が取り組むべき真の争点とは? 第1章 日本人の価値観と分断 第2章 野党の政権交代戦略 第3章 「分を知る」をとるか「進歩」をとるか 第4章 人...
川口 晴(著) | 2018-11-30 | ★4 (135)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥662
31pt (5%)
実質価格/割引率 ¥631 (5%⬇)
[2022/10/01 00:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
「私を信じてください。それだけで私は幸せです」 「私が死ぬとき、お願いです、そばにいてください」 ゴールデンレトリバーのソックスを飼う時、母は幼いあかりに10の約束をさせた。 しかし大人になるにつれその関係に微妙な変化が生まれ……。 「あなたには学校もあるし友だちもいます。 でも...
畠中 恵(著) | 2022-02-08 | ★4.5 (120)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥790
60pt (8%)
実質価格/割引率 ¥730 (8%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
ベストセラー「まんまこと」シリーズ第7弾! 町名主のお気楽跡取り息子・麻之助が、幼なじみの色男・清十郎と堅物の同心・吉五郎とともに、さまざまな謎と揉め事の解決に挑みます。 「きみならずして」「まちがい探し」「麻之助が捕まった」「はたらきもの」「娘四人」「かわたれどき」の6篇を収録...
川越 宗一(著) | 2020-06-09 | ★4 (114)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥790
51pt (6%)
実質価格/割引率 ¥739 (6%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
新直木賞作家、驚異のデビュー作 選考委員も絶賛した松本清張賞受賞作。 戦を厭いながらも、戦でしか生きられない島津の侍大将。 被差別民ながら、儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。 自国を愛し「誠を尽くす」ことを信条に任務につく琉球の官人。 秀吉の朝鮮出兵により侵略に揺れる東アジアを、...
畠中 恵(著) | 2020-06-09 | ★4.5 (110)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥740
51pt (7%)
実質価格/割引率 ¥689 (7%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
累計130万部突破、大人気「まんまこと」シリーズの第6弾。 札差の娘と揉めて上方へ追いやられた男。その思わぬ反撃とは(「わかれみち」)。盛り場で喧伝された約束が、同心一家に再び波紋を呼び起こす(「昔の約束あり」)。麻之助の亡き妻に似た女にもたらされた三つの縁談の相手とは(「言祝ぎ...
柴田 翔(著) | 2012-09-20 | ★4 (109)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥488
8pt (2%)
実質価格/割引率 ¥480 (2%⬇)
[2022/10/01 11:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
私はその頃、アルバイトの帰りなど、よく古本屋に寄った。そして、漠然と目についた本を手にとって時間を過ごした。ある時は背表紙だけを眺めながら、三十分、一時間と立ち尽した。そういう時、私は題名を読むよりは、むしろ、変色した紙や色あせた文字、手ずれやしみ、あるいはその本の持つ陰影といっ...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2020-09-25 | 全3巻の1冊目 | ★4.1 (108)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥2400
24pt (1%)
実質価格/割引率 ¥2376 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
あのディーヴァーが新シリーズを始動! シリコンバレーで失踪した娘を探せ。懸賞金のかかった事件に挑む 人探しの名人にして流浪の名探偵ショーは狡猾な連続誘拐事件を追う! 姿を消した人間を追跡する名人、コルター・ショウ。失踪人や逃亡犯に懸賞金がかけられると、 彼は現地に赴いて調査に着手...
高木 俊朗(著) | 2018-07-10 | 全5巻の1冊目 | ★4 (99)
[pub:文藝春秋] [gen:ノンフィクション]
¥968
10pt (1%)
実質価格/割引率 ¥958 (1%⬇)
[2022/10/01 04:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
太平洋戦争で最も無謀だったといわれるインパール作戦。昭和19年3月、ビルマから英軍の拠点があったインド北東部・インパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。「インパールの悲劇」は“日本の東条”とビルマの“小東条”牟田口廉也の握手から始まった──史実に基づいた考...
石田衣良(著) | 2014-09-05 | ★4.5 (96)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥591
36pt (6%)
実質価格/割引率 ¥555 (6%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
IWGPシリーズ初の文庫書き下ろし作品が登場! マコトの親友にして池袋の王様、タカシはいかにして「氷のキング」になったのか? 誰にだって忘れられない夏の一日があるよな――。高校時代のタカシにはたったひとりの兄、タケルがいた。スナイパーのような鋭く正確な拳をもつタケルは、みなからボ...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2019-10-10 | ★4.5 (73)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥2200
22pt (1%)
実質価格/割引率 ¥2178 (1%⬇)
[2022/10/01 05:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
『ボーン・コレクター』のリンカーン・ライム・シリーズ最新作! ダイヤへの妄執を紡ぐ殺人者――ニューヨークを揺るがす大犯罪を暴け。 シリーズ原点回帰の傑作。 ダイヤモンド店で三人の男女が無惨に殺害された。 被害者は婚約指輪を受けとりにきたカップルとダイヤ加工職人。現場からはダイヤモ...
岸本 佐知子(著), 三浦 しをん(著), 吉田 篤弘(著), 吉田 浩美(著) | 2019-07-10 | ★4 (63)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥763
39pt (5%)
実質価格/割引率 ¥724 (5%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
未読者(みどくもの)四人による前代未聞の愉快な読書会 ドストエフスキーの『罪と罰』を読んだことのない四人が果敢かつ無謀に挑んだ「読まずに読む」座談会。 前半では小説の断片から内容をあれこれ推理し、後半は感想と推しキャラを語り合う。 ラスコ(-リニコフ)、スベ(スヴィドリガイロフ)...
辻田 真佐憲(著) | 2021-06-18 | ★4 (63)
[pub:文藝春秋] [gen:社会・政治]
¥1000
48pt (5%)
実質価格/割引率 ¥952 (5%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
SNS、コロナ、オリンピック……「空気」の圧力が覆う現代日本を読み解く令和版「空気の研究」。 自由気ままにものを書いて発言する時代は終わったのか? 日本を動かす「空気」の本質を衝く。 気鋭の論者による初の評論集。
坂上 泉(著) | 2021-06-08 | ★4 (60)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
53pt (6%)
実質価格/割引率 ¥827 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
西南戦争を痛快に描く、松本清張賞受賞作。 大阪で与力の跡取りとして生まれた志方錬一郎は、明治維新で家が没落し、商家へ奉公していた。 時は明治10年、西南戦争が勃発。 武功をたてれば仕官の道も開けると考えた錬一郎は、意気込んで戦へ参加することに。 しかし、彼を待っていたのは、落ちこ...
石田 衣良(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (56)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥612
7pt (1%)
実質価格/割引率 ¥605 (1%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
ギャンブルにはまって借金をかかえる映像ディレクター・小峰渉のもとに、池袋最大のカジノの売上金を狂言強盗する計画がもちかけられる。計画は成功、時給の1億円が手に入ると思った鼻先で金が奪われ……。本作は「池袋ウエストゲートパーク」シリーズの外伝で、お馴染み氷高組のサルが小峰と組んで、...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2020-11-10 | ★4 (51)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
58pt (6%)
実質価格/割引率 ¥942 (6%⬇)
[2022/10/01 10:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
名探偵リンカーン・ライムが刑事事件の捜査から撤退。 連続殺人鬼「未詳40号」をアメリア・サックスは単身追うが―― 殺人犯を追跡中のアメリア・サックスの目の前で、エスカレーターが通行人を巻き込んだ!アメリアの必死の救助活動もむなしく男は死亡、殺人犯「未詳40号」も逃走してしまった。...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2019-11-07 | 全2巻の1冊目 | ★4 (48)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
17pt (2%)
実質価格/割引率 ¥863 (2%⬇)
[2022/09/30 21:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
二度読み必至! ドンデン返しの魔術師ディーヴァーの面目躍如。 シリーズ屈指の大胆な騙しを仕掛けた驚愕作! 相手のボディランゲージから嘘を見抜く尋問の天才、キャサリン・ダンス。彼女が「無実だ」と太鼓判を押した男が麻薬組織の殺し屋だったという情報が入った。男はすでに逃走、失態の責任を...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2020-11-10 | ★4 (46)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥950
56pt (6%)
実質価格/割引率 ¥894 (6%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
名探偵リンカーン・ライムが刑事事件の捜査から撤退。 連続殺人鬼「未詳40号」をアメリア・サックスは単身追うが―― 殺人犯を追跡中のアメリア・サックスの目の前で、エスカレーターが通行人を巻き込んだ!アメリアの必死の救助活動もむなしく男は死亡、殺人犯「未詳40号」も逃走してしまった。...
坂木 司(著) | 2022-01-04 | ★4 (43)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論] [gen:暮らし・健康・子育て]
¥730
52pt (7%)
実質価格/割引率 ¥678 (7%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
「和菓子のアン」の著者による初のおやつエッセイ! 日常の娯楽、おやつの時間。 銀座の名店から量販店のお菓子まで、甘いものもしょっぱいものも分け隔てなく食べ尽くします。 かりかりサクサク、こってりあっさり。読んだらすぐに買いに行きたくなる。 ページをめくるたびに、楽しいおやつの世界...
貫井 徳郎(著) | 2021-04-06 | ★4 (36)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
――神の声が聞きたい。 牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。 彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。 三幕の殺人劇の結末で明かされる驚愕の真相とは? 巧緻な仕掛けを駆使し、“神の沈黙”という壮大なテーマに挑んだ、21世紀の「罪...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2013-10-25 | 全2巻の1冊目 | ★4.5 (34)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥838
8pt (1%)
実質価格/割引率 ¥830 (1%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
現代米国ミステリの最高峰、J・ディーヴァーの代表作「リンカーン・ライム」シリーズ第6弾! ハーレムの高校に通う16歳の少女ジェニーヴァは博物館で何者かに襲われそうになるが、機転をきかせて難を逃れる。現場にはレイプのための道具と、1枚のタロットカードが残されていた……。単純な強姦未...
松本 清張(著) | 2012-09-20 | ★4.5 (31)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥591
11pt (2%)
実質価格/割引率 ¥580 (2%⬇)
[2022/10/01 08:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
名の通った中堅クラスだが、トップになれない──その焦りから石油部門へ進出を急いだ巨大総合商社が、冷酷な国際商戦の渦に巻き込まれて、またたくまに膨大な赤字を抱え、ついに倒産。渦中にいた四千人の社員の何人が、その無残な敗北を予測しえただろうか?一方、仕事は放任、熱狂的な陶磁器マニアだ...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2021-11-09 | ★4 (27)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥950
29pt (3%)
実質価格/割引率 ¥921 (3%⬇)
[2022/09/30 23:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
大西洋を股にかける殺人鬼VSリンカーン・ライム イタリアとアメリカで発生した拉致監禁事件。殺人の期限までに名探偵ライムは真相を暴き、被害者を救えるか? シリーズ第13弾! NYの路上で男性が拉致された。ほどなく、監禁された姿が動画サイトにアップされる。 被害者の苦痛のうめきをサン...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2013-11-08 | 全2巻の2冊目 | ★4 (25)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥845
54pt (6%)
実質価格/割引率 ¥791 (6%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
ネットの闇に挑む、美貌の「人間嘘発見器」キャサリン・ダンス捜査官。待ち受ける結末が貴方の度肝を抜く! 犯罪計画の見事さ、そしてキャラクター小説としての面白さも備えた、ディーヴァーの作品群の中でも指折りの傑作です。
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2014-10-30 | 全2巻の1冊目 | ★4 (23)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥835
47pt (6%)
実質価格/割引率 ¥788 (6%⬇)
[2022/10/01 09:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
史上もっとも卑劣な犯罪者にライムが挑む! リンカーン・ライムのいとこ、アーサーが殺人容疑で逮捕された。アーサーは一貫して無実を主張するも、犯行現場や自宅から多数の証拠が見つかり、有罪は確定的に思えた。だがライムは不審を抱く。証拠が揃いすぎている――アーサーは濡れ衣を着せられたので...
ジェフリー・ディーヴァー(著) | 2021-11-09 | ★4 (24)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1000
38pt (4%)
実質価格/割引率 ¥962 (4%⬇)
[2022/10/01 03:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
“コンポーザー”との決着! イタリアで新たな仲間を得たライム一行。神出鬼没の“コンポーザー”を追い詰めることができるか? 文庫特別収録短篇「誓い」収録。 イタリアに飛んだライム一行は、リビア難民誘拐事件に遭遇、森林警備隊員エルコレらとチームを組む。 〈漆黒の絶叫〉に駆り立てられる...
ジェフリー・ディーヴァー(著), 池田 真紀子(翻訳) | 2016-11-11 | 全2巻の2冊目 | ★4 (14)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥815
15pt (2%)
実質価格/割引率 ¥800 (2%⬇)
[2022/10/01 06:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
名探偵リンカーン・ライム、捜査陣に加わる! ドンデン返しの魔術師ディーヴァーが仕掛けた罠を見抜け。 「シリーズ最大の難事件」――ニューヨークタイムズ ケイリーの歌詞をなぞるように起きた第1の事件。次の犯行を予測しようとするダンスらを嘲笑うように第2の事件が。犯人はやはりストーカー...
糸井 重里(著) | 2012-09-20 | ★4 (9)
[pub:文藝春秋] [gen:ビジネス・経済] [gen:文学・評論]
¥880
9pt (1%)
実質価格/割引率 ¥871 (1%⬇)
[2022/10/01 07:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
セン柳より面白いからマン流なのだ。ワイセツなことを考えてはいけない。広告は世界を変えたが、萬流は広告を変えた。IT革命や南北会談には残念ながら及ばなかったが、ギョーカイの技術革新、男女摩擦については大いなる洞察を見せたのである。これはまさに、来るべき新世紀にむけての一大セイシン運...
中山 七里(著) | 2020-10-12 | 全3巻の3冊目 | ★4.5 (80)
[pub:文藝春秋] [gen:文学・評論]
¥1400
14pt (1%)
実質価格/割引率 ¥1386 (1%⬇)
[2022/10/01 01:00時点]
セールスランク 1195位(直近30日)
元裁判官で80歳を超えた今も信望が厚い高円寺静と、中部経済界の重鎮にして車椅子の〝暴走老人〟香月玄太郎の老老コンビが難事件を解決する、人気シリーズ第2弾。 今回は舞台を東京に移し、玄太郎ががんを患った状況下で5つの事件に挑む。(静は『テミスの剣』と『静おばあちゃんにおまかせ』に、...
千野 隆司(著) | 2020-10-07 |